スポンサーリンク

「エドテック」と「eラーニング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エドテック」と「eラーニング」の違いIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エドテック」「eラーニング」【イーラーニング】の違いや使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エドテック」とは?

「エドテック」とは?

教育の世界にテクノロジーを取り入れたのがエドテックであり、新しい風を注ぎ込み、子供たちの本来の能力を引き出すことに焦点を当てています。

本来であれば、子供が学校に行き、教師から学ぶというのは常識ではありますが、新型コロナの影響で自宅待機が発令されたことで通えなくなり、家でオンラインを利用して学ぶスタイルが求められるようになりました。

そんな新しい教育環境では、学びを止めないようにするのが大事なことであり、これこそが「エドテック」が打ち出す変革教育なのです。

一斉授業の難しさ、教員の確保が困難な現実、都会と地方との教育格差はますます広がるなどこれらの課題を乗り越えるには生徒の欠席や遅刻は専用アプリでできますし、オンライン学習であれば地方であっても質の高い授業が可能となります。

「eラーニング」とは?

「eラーニング」とは?

パソコンやスマートフォン、タブレットなどインターネットにつなげば質の高い学習ができ、教育を受けられるのが「eラーニング」です。

ときにCD-ROMで教材をいつでも視聴して学べますし、DVD-ROMで耳や目から学習できるのも「eラーニング」の良さでもあります。

インターネット環境があれば日本全国で受けられるこの学習方法ではハイパーテキストで学び、電子会議で教師と他の生徒が分からないことを取り上げて議論することも可能です。

質問は24時間いつでも電子メールでできるなど、素早いやり取りができるのが魅力的なところです。

学習者は自分の能力に合う適切な進度が保てるだけではなく、すぐに教師へ質問できますし、答え合わせができることで学習の向上に役立つ交流も素早くできます。

「エドテック」と「eラーニング」の違い

「エドテック」と「eラーニング」の違い

「エドテック」「eラーニング」の違いを、分かりやすく解説します。

震災やウイルスなどで学校に行けなくなった生徒に、自宅で学習できるよう最新のテクノロジーを取り入れた変革的教育を提供するのが「エドテック」です。

学習のSTEAM化、生徒の自立化、新しい学習の基盤づくりも改善されるだけではなく、プログラミング教育やGIGAスクール構想の実現など様々なスタイルの学びが提供できるわけです。

一方の「eラーニング」は学校には行ける環境ではありますが、自宅でも質の高い教育が受けたいと思う人が選ぶオンラインの塾であり、24時間いつでも質の高い学習を受けられるのが魅力的です。

「エドテック」の例文

「エドテック」の例文

・『エドテックでは、子供1人に1台の端末を与えて学習できるようGIGAスクールの構想を進めている』
・『個人の適応学習に応じた学習ができるようエドテックは最適な教材を揃える』
政府は子供が端末を使って学べるようにするスクールを打ち出し、将来に備えた学びの環境を提案していますし、個人の適応学習に応じて学習内容と成果を最新のテクノロジーで分析し、最善の教材を提供して学ばせるのが「エドテック」の良さでもあります。

「eラーニング」の例文

「eラーニング」の例文

・『eラーニングはチュートリアル機能を使って最新のソフトウェアをどのように使うか学べる』
・『学習者に適切な教材を提供する学習システムなら学習材を保管から蓄積できるところが便利だ』
チュートリアル機能により、子供は画面の指示を順序よく押していけば簡単にソフトウェアの学習できるのが「eラーニングの良さです。

それに、いつでも学習者が学びたいときに保管しておいた教材や学習材を取り出して学べるので、よりわからないところをしっかり学べるのも魅力的なシステムになっています。

まとめ

まとめ

どちらも子供の学習能力を高め、質の高い教材と学習材を素早くオンラインで提供できる新しい教育のあり方であり、学習者の学力向上に大きく貢献するわけです。

そんな「エドテック」は従来の学校のあり方を変えて個人が無理なく自宅で教員から学べる環境を提供したものであり、「eラーニング」は自分が学びやすい端末を使い、塾のような学習が学べる教材と覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物