スポンサーリンク

「usage」と「use」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「usage」と「use」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「usage」「use」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「usage」とは?

「usage」とは?

「usage」の意味は以下の通りです。

1つ目は「使用法」という意味で、物や資源、言葉などの使い方や利用方法のことです。

2つ目は「取り扱い方」という意味で、使い方やお手入れ方法も含めた広い意味での商品説明のことです。

3つ目は「待遇」という意味で、相手に対する接し方のことです。

4つ目は「慣習」「しきたり」という意味で、その地域で昔から行われているやり方のことです。

5つ目は「言語の慣用法」という意味で、習慣として幅広く使われている表現のことです。

上記に共通するのは「使い回す方法」という意味です。

「usage」の使い方

「usage」「使用法」「取り扱い方」「待遇」「慣習」「しきたり」「言語の慣用法」という意味で使われます。

名詞として使われる言葉で、「by usage」「慣例上」という意味です。

基本的に、ある物の使い方や、昔から慣例として使われているやり方のことに使われる言葉です。

「use」とは?

「use」とは?

「use」の意味は以下の通りです。

1つ目は「使用すること」という意味で、ものを使って何かをすることです。

2つ目は「活用する」という意味で、その物の能力が発揮される様に使うことです。

3つ目は「働かせる」という意味で、目的を達成する為にある物を動かすことです。

4つ目は「消費する」という意味で、電気やガスなどを利用することです。

5つ目は「慣らす」「馴染ませる」という意味で、しっくりするまで使い込むことです。

上記に共通するのは「うまく使う」という意味です。

「use」の使い方

「use」「使用すること」「活用する」「働かせる」「消費する」「慣らす」「馴染ませる」という意味で使われます。

動詞として使われたり、名詞として「使用」「利用」「必要」「使用権」「使い方」「使用目的」「機能」「役割」「習慣」などの意味があります。

基本的に、目的を達成する為にあるものを使いこなすことや、習慣的に使って馴染ませることに使われる言葉です。

「usage」と「use」の違い

「usage」と「use」の違い

「usage」「ある物の使い方」「昔から慣例として使われているやり方」という意味です。

「use」「目的を達成する為にあるものを使いこなすこと」「習慣的に使って馴染ませること」という意味です。

「usage」の例文

「usage」の例文

・『Your usage of electricity will be charged from the next month. 』
(あなたの電気利用料金は来月から請求されます)

「use」の例文

「use」の例文

・『May I use your cellphone?』
(あなたのスマホを使ってもいいですか?)

まとめ

まとめ

今回は「usage」「use」について紹介しました。

「usage」「使い方」「use」「使うこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物