「wedding」と「marriage」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「wedding」と「marriage」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「wedding」「marriage」の違いを分かりやすく説明していきます。

「wedding」とは?

「wedding」とは?

「wedding」の意味と使い方について紹介します。

意味

「wedding」は、「結婚式」「婚礼」という意味です。

使い方

「wedding」「ウェディング」という日本語にもなっていて、「結婚式」に関わる言葉に使われます。

英語で「結婚式」“wedding ceremony”と言います。

ここから、「wedding」「結婚式」に関する言葉として使われる様になりました。

“wedding reception”「披露宴」のこと、“wedding dress”「ウェディングドレス」です。

この様に「wedding」は、結婚式当日にすることに対して使われることが多い言葉です。

因みに「wedding」は動詞「wed」の動名詞ですが、現在では殆ど「wedding」として使われています。

「marriage」とは?

「marriage」とは?

「marriage」の意味と使い方について紹介します。

意味

「marriage」は、「夫婦関係」「結婚生活」という意味です。

使い方

「marriage」は、フォーマルな意味での「結婚式」という意味ですが、非常に堅い表現であり、会話ではあまり使われません。

女性向け商品の名称などに付けられることが多い言葉です。

「marriage」は、「結婚」よりも「結婚してからの生活」を表すことが多く、“They got a happy marriage.”(彼らは幸せな結婚生活を送った)などに使われます。

「wedding」と「marriage」の違い!

「wedding」と「marriage」の違い!

「wedding」は、「結婚式」に関わることを表す言葉です。

「marriage」は、「結婚生活」「夫婦関係」を表す言葉です。

まとめ

まとめ

「wedding」「marriage」は、使い方が違います。

日常会話では「wedding」を使えば良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物