スポンサーリンク

「アヒル」と「鴨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アヒル」と「鴨」の違い動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アヒル」「鴨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アヒル」とは?

「アヒル」とは?

マガモを飼いならした鳥類です。

マガモはカモ科の鳥です。

「アヒル」の全長は約59cm、羽は白色です。

くちばしは黄色で、端はノコギリのようにギザギザになっています。

これは、草をちぎりやすくするためです。

足には水かきがあり、黄色をしています。

水かきは泳ぐ際に役立っています。

カラスやスズメなどには水かきがなく、指の形が1本1本わかります。

この形状をしていると細い枝につかまることができます。

「アヒル」の足はカラスなどとは異なる形状をしているため、細い枝をつかむことができません。

家畜化された動物で、食用、愛玩動物、羽を採取、採卵などに利用されています。

食用とされるものは「合鴨肉」と呼ばれることがあります。

焼く、煮る、揚げるなどをして食べられています。

ペットとしてミニチュアに改良されたものもおり、家庭で飼育することができます。

寿命は10~20年ほどです。

水辺に生息する動物なので、飼育する場合には水場を用意します。

池のようなものがあると理想ですが、家庭の場合はビニールプールやタライなどを利用してもよいでしょう。

足に負担がかかると足のトラブルを招くことがあるので、コンクリートなど固い地面は避け、人工芝を敷くなど柔らかな歩く場所を用意しておきます。

長距離を飛ぶ動物ではありませんが羽ばたくことがあるので、1m以上の高さがある囲いをします。

エサはペットショップで販売されているペレットを与えます。

また、キャベツやトマトなどの野菜も与えるようにします。

「鴨」とは?

「鴨」とは?

カモ目カモ科のうち、ガン、ハクチョウ以外の小型・中型の水鳥の総称です。

足の指には水かきがあり、くちばしの先端は丸いことが共通しています。

一般的には、繁殖期にはオスの方が羽色が目立ち、メスは地味な傾向があります。

食用とされており「北京ダック」「合鴨肉」などとして食べられています。

料理としては、鴨ロース、マリネ、鴨鍋、雑煮、グリル、鴨蕎麦、治部煮などがあります。

古くから食用にされており、奈良時代の『播磨国風土記』に「鴨」を使った料理の名が登場します。

アイガモ農法にも利用されています。

農薬を使用せずに米を栽培するとき、「鴨」に除草や駆虫をしてもらいます。

草や昆虫をエサとして食べてくれるのです。

また、羽を採取してダウンや羽毛布団などに利用されています。

愛玩動物として飼育できるものもいます。

飼育をする際には、水鳥なので水場を用意します。

足に怪我をしないように、固い地面を避け、人工芝を敷くなどして歩く場所を柔らかくしておきます。

「アヒル」と「鴨」の違い

「アヒル」と「鴨」の違い

「鴨」はカモ目カモ科の水鳥のうち、ガンやハクチョウを除く小型、中型のものです。

その中の一種が「アヒル」です。

家畜化したものになります。

まとめ

まとめ

「鴨」は特定の鳥を指しているのではありません。

「鴨」の中の一種が「アヒル」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物