スポンサーリンク

「remark」と「comment」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「remark」と「comment」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「remark」「comment」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「remark」とは?

「remark」とは?

「remark」の意味は以下の通りです。

1つ目は「注目」という意味で、あるものごとに特別意識を向けることです。

2つ目は「気づいたことを述べること」という意味で、その時点で気づいたことを伝えることです。

3つ目は「ふと漏らした意見や感想」という意味で、簡単な感想をふと漏らすことです。

4つ目は「注釈」という意味で、ある事柄に対して簡単に付け加えることです。

上記に共通するのは「軽く言う」という意味です。

「remark」の使い方

「remark」「注目」「気づいたことを述べること」「ふと漏らした意見や感想」「注釈」という意味で使われます。

名詞として使われたり、動詞として「気づいたことを述べる」「意見として述べる」「認める」「気づく」などの意味があります。

基本的に、あるものごとに意識を向けることや、簡単な意見や感想を述べることに使われる言葉です。

「comment」とは?

「comment」とは?

「comment」の意味は以下の通りです。

1つ目は「注釈」という意味で、本文に対して補足説明などを加えることです。

2つ目は「意見を述べる」という意味で、自分の主張を述べることです。

3つ目は「批評する」という意味で、ある事柄に対して論評することです。

4つ目は「インターネット上で自分の意見を投稿する」という意味で、ニュース記事やSNSなどに自分の主張を投稿することです。

上記に共通するのは「考えて述べる」という意味です。

「comment」の使い方

「comment」「注釈」「意見を述べること」「批評すること」「インターネット上で自分の意見を投稿すること」という意味で使われます。

名詞として使われたり、動詞として「注釈する」「批評する」「批判する」「意見を述べる」などの意味で使われ、「コメント」と日本語にもなっています。

基本的に、ある事柄に対して良く考えて自分の主張や論評を述べることに使われる言葉です。

「remark」と「comment」の違い

「remark」と「comment」の違い

「remark」「あるものごとに意識を向けること「簡単な意見や感想を述べること」という意味です。

「comment」「ある事柄に対して良く考えて自分の主張や論評を述べること」という意味です。

「remark」の例文

「remark」の例文

・『The boss took offense at his remark. 』
(上司は彼の何気ない言葉に腹を立てた)

「comment」の例文

「comment」の例文

・『I have no comment on the matter. 』
(この件に関しては言うことはありません)

まとめ

まとめ

今回は「remark」「comment」について紹介しました。

「remark」「簡単に意見を述べること」「comment」「良く考えて意見を述べること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物