スポンサーリンク

「相続」と「遺贈」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「相続」と「遺贈」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「相続」「遺贈」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「相続」とは?

「相続」は、受け継ぐということを重要視しており、受け継ぐものは財産だった理解者という組織を受け継ぐことを意味します。

なお、受け継ぐのはだれでもよいのかという問題がありますが、これは、「相続人」と呼ばれる後継者のみ受け継ぎが可能です。

よって第三者は残念ながら引き継ぎ手になりません。

「遺贈」とは?

「遺贈」は、遺言によって第3者や家族に対して無償で財産を渡すというものです。

こちらは、会社などの経営権を第3者に渡す場合に機能するもので、問題においては、両者が納得していないと機能せず、農地などにおいては都道府県側が土地を与えるものに許可を出さないとなりません。

よって、家族以外のものは許可を必要とするケースがあり、許可が下りない場合財産を受け取る受け手になりません。

「相続」と「遺贈」の違い

両者の違いは、財産を受け取るものが家族限定であるかそうではないかで、「相続」は家族や親族限定であるが故、対象者を選んで相手の方に財産を等しく分け与えますが、「遺贈」の場合、両者が納得している場合はすべてを受け取れるという違いがあり、この受け手は第3者でもよいという違いがあります。

「相続」の例文

・『遺産の相続を拒否する』
この例は、あえて遺産を受け継ぐことを拒否するという例です。

その理由は相続に税金がかかる点と、実は、遺産の中に借金がある場合、それを受け継ぐことを拒むという目的がこのケースになります。

「遺贈」の例文

・『会社の経営権を遺贈する』
この例は、遺言によって会社の経営権を第3者に渡すという例です。

もちろん、第3者との間に合意があるが故、円滑に会社の経営権を渡せるわけですからこの例は、遺言に記載があり、経営権を渡すとありますが当事者と経営権を渡すものの間で合意があるが故に、経営権を円滑に引き渡せるのです。

まとめ

「相続」については、税金を必要としており、「相続税」というものが発生するが故、あえてそうした税金を払いたくない場合や財産が借金であるとわかっている場合、相続を拒否するという手段に打って出るわけです。

ちなみに、「遺贈」もこれは受け手側は相続という形になりますので、「相続税」を払います。

ただ、「遺贈」側は、第3者も財産の受け手になるので会社の経営権利をもらうということを第3者が取得できることを考えると税を払ってでも会社をもらい受ける場合、支払うべき価値があるのです。

むろん、「遺贈」は当事者ときちんと話し合いをして弁護士を通して決定しているが故、遺言書が機能してから円滑に物事が進むのであって、遺言書だけではうまく機能しないこともあり得ます。

だから「遺贈」においては、貰い手側が信頼できるかどうかが重要でこれらは生前に決めているが故、多くの者が不平を言っても故人の意見を尊重し円滑に経営権の譲渡ができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物