スポンサーリンク

「予定申告」と「中間申告」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「予定申告」と「中間申告」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「予定申告」「中間申告」という税務申告がとのような意味を持っているかご存知でしょうか?
そこでこの記事では、「予定申告」「中間申告」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「予定申告」とは?

「予定申告」とは?

「予定申告」「よていしんこく」という呼び方になります。

この「予定申告」とは「前期実績を基準として中間的な申告のこと」を意味しています。

前事業年度に支払った法人税額の約半分を中間納付額として申告して納税するわけです。

「予定申告」のメリットとしては、申告・納税がとても簡単な点にあり、中間納税額が前期基準額となるのです。

「中間申告」とは?

「中間申告」とは?

「中間申告」「ちゅうかんしんこく」と言います。

この「中間申告」とは「税金を前払いする制度」と言ってもいいでしょう。

年の途中で当該年度の期の税金をある程度前払いした後に期の決算が確定した時点で不足している税金の部分を支払うことで精算する方式。

もし、払いすぎていた場合は還付されることになるのです。

「予定申告」と「中間申告」の違い

「予定申告」と「中間申告」の違い

では、ここで「予定申告」「中間申告」の違いを見ていくことにいたしましょう。

どのような相違点があるのでしょうか?「予定申告」「前事業年度の確定法人税額の6ヶ月分に相当する額を申告する方法です。

実務的にはあらかじめ申告に必要な金額などが記載された申告書が税務署長から送られてくるので、それに署名押印して申告することになります。

一方の「中間申告」とは「年の途中でその期の税金をある程度前払いしてから、期の決算が確定した段階で不足となる部分を支払うことで精算できる仕組みなのですが、払いすぎていた場合は還付されることになります。

特に法人税や消費税を「中間申告」をすることがあります。

「予定申告」の例文

「予定申告」の例文

ここで「予定申告」の例文を見ていくことにいたしましょう。

具体的には以下のような文章が挙げられます。

・『予定申告の利点は、申告納税がシンプルな点にあり、中間納税額は前期基準額となります』
『予定申告の計算式は、前期基準額 = 前事業年度の確定法人税額 / 前事業年度の月数×6カ月となるので、とても分かりやすいメリットがあります』

「中間申告」の例文

「中間申告」の例文

続いて「中間申告」の例文を見ていくことにいたしましょう。

とのような使い方があるのでしょうか?
・『中間申告の特徴の1つに企業納税負担の平準化 が挙げられます。確定申告の際にまとめて支払うより、年の途中で税金を支払うことで資金繰りの目途がつきやすいのです』
・『国の財政事情を見ると、中間申告は財政収入の平準化したり安定化させる利点があります。税収が分割されて国庫に入ることによって財政収入が均等化が図られるわけです』

まとめ

まとめ

ここまで「予定申告」「中間申告」の意味と違いを説明してきました。

納税は私たち国民の義務です。

このことを考えると、これらの言葉も基本的な知識として知っておくことがとても大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物