スポンサーリンク

「臭い」と「匂い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「臭い」と「匂い」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「臭い」「匂い」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「臭い」とは?

「臭い」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「臭い」は、「におい」と読みます。

「臭い」は、「嗅覚を刺激する、不快な臭み。

悪臭」
という意味があります。

道を歩いているときに、どぶから悪臭がすることがあるかもしれません。

このような場面では、「どぶの臭いがする」などという文章を作ることができます。

他にも、男性から好ましくない嗅覚を刺激する悪臭を感じた場合、「あの男性の臭いが苦手だ」などという文章にできます。

さらに「臭い」には「以下にもそのような感じ、気配」という意味があります。

それも、特に好ましくないものについて使う言葉となります。

例えば、知り合いの言動を見たときに、どこか、犯罪のような気配を感じたという場合は、「知り合いの行動には、犯罪の臭いがする」などという文章を作ることができます。

「匂い」とは?

「匂い」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「匂い」「におい」と読みます。

「匂い」は、「そのものから漂って、臭覚を刺激するもの」という意味があります。

例えば、香水をつけている人が近くにいると、臭覚を刺激するものが漂っているのが分かります。

このような場合は、「香水の匂いがする」という文章にできます。

次に「匂い」には、「いかにもそれらしい感じ」という意味があります。

例えば、渋谷や新宿などに行くと、いかにも都会らしいと感じられるスポットがあるかもしれません。

このようなスポットを見たときに、「都会の匂いがするスポットに行った」などという文章にできます。

さらに「匂い」には、「芸能や文芸で、表現のうちにどことなくただよう情緒や気分」という意味があります。

ある小説を読んだ時に、情緒を感じた場合は、「匂うような小説だ」などと表現することができます。

「臭い」と「匂い」の違い

「臭い」「匂い」の違いを、分かりやすく解説します。

「臭い」は、「嗅覚を刺激する、不快な臭み。

悪臭」
という意味があります。

一方で、「匂い」は、「そのものから漂って、臭覚を刺激するもの」という意味があります。

「臭い」「匂い」も、「嗅覚を刺激するもの」を意味するという共通点があります。

しかし、それを感じたときに、ポジティブな印象を持った場合は、「匂い」と表現し、ネガティブな印象を持った場合は「臭い」と表現するという違いがあります。

例えば、ある人が付けている香水に対して、好ましいと感じたら「香水の匂い」と表現し、嫌いだと感じた場合は「香水の嫌な臭い」などと表現することができます。

まとめ

「臭い」「匂い」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物