スポンサーリンク

「参加」と「参画」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「参加」と「参画」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「参加」「参画」という言葉がどのような意味を持っているかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「参加」「参画」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「参加」とは?

「参加」「さんか」という読み方になります。

この「参加」とは「ある物事を行なう一員として加わること」「仲間入りすること」「ある目的を持っている集まりに一員として加わって行動をともにすること」といったような意味を持つ言葉です。

「参画」とは?

「参画」「さんかく」という読み方になります。

この「参画」とは「計画の相談に加わること」「事業や政策の計画について実行段階からでなく計画の段階から加わる」「計画に加わる」という意味がある言葉です。

「参加」と「参画」の違い

では、ここで「参加」「参画」の違いを見て行くことにいたしましょう。

どのような相違点があるのでしょうか?前述の通り「参加」とは「ある物事を行なう一員として加わること」「仲間入りすること」、もしくは「ある目的をもつ集まりに一員として加わって行動をともにすること」という意味がある言葉です。

一方の「参画」とは「計画の相談に加わること」「事業や政策の計画について、実行段階からでなく計画の段階から加わること」ということになります。

このことから「参加」「単に集まりに加わること」を指しており、「参画」「事業や計画に加わること」を言っているのです。

「参加」の例文

ここで「参加」の例文を見て行くことにいたしましょう。

具体的には以下のような文章が考えられます。

・『私は震災の光景をニュースで見てボランティア活動に参加することにしました』
・『今回の婚活パーティーの参加者はかつてないほどの大人数ですごく盛り上がりました』
「参加」という言葉は「ある目的をもつ集まりに一員として加わって行動をともにすること」という意味がありますが、例文に見るようにボランティア活動から婚活パーティーまで幅広い活用シーンがあります。

「参画」の例文

続いて「参画」の例文を見て行くことにします。

この言葉の具体的な使い方としては、以下のような文章が挙げられます。

・『私は当社の大型プロジェクトに初期段階から参画しているために多くの情報を持っており、色々な見方ができる』
・『社長から今回の計画に検討メンバーとして参画してくれと頼まれたが、ライバルの田中には全く声がかからなかった』
「参画」の例文では、「計画の検討段階から検討のメンバーとして入る」ことが分かります。

このように「参画」は大型プロジェクトのようなもので使われていることが分かります。

まとめ

ここまで「参加」「参画」の意味と違いを説明してきました。

これらの言葉はビジネスの場面で使われることが多いですが、「参加」は身近な場面でも用いられるので、例文を見ながらどのようなシチュエーションで活用できるかイメージしてみて理解を深めていっていください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物