「レッテル」と「ラベル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レッテル」と「ラベル」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レッテル」「ラベル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「レッテル」とは?

「レッテル」の意味と使い方について紹介します。

意味

「レッテル」の意味は「メーカーが自社製品であることのを示す為に、商品に貼り付ける札」「ある人やものに与えられる良くない評価」のことです。

使い方

「レッテル」はオランダ語で、英語で表記すると“letter”(文字)という意味になります。

これは、メーカーが自社製品に貼り付けたブランド名などを記載した札のことで、「ラベル」と同じ意味で使います。

但し、人に使われる場合は、「ラベル」が単なる分類を表すのに対して「レッテル」は悪いイメージを表すことが多くなります。

「ラベル」とは?

「ラベル」の意味と使い方について紹介します。

意味

「ラベル」の意味は、「メーカーがブランドや品名などを示す為に、商品に貼り付ける札」「ある人やものを分類するキーワードとなるもの」のことです。

使い方

「ラベル」は英語の“label”からきています。

ワインやビール、化粧品など硬い容器の側面に貼り付けて、内容を示す札に使われ、「レッテル」と同義語です。

但し、人に使われる時には「ラべリング」というビジネス用語があり、「その人を種類分けする言葉」になります。

単に「仕事の早い人」「遅い人」など分類する用語として使われ、悪いイメージではありません。

「レッテル」と「ラベル」の違い!

「レッテル」「ラベル」の違いを、分かりやすく解説します。

由来

「レッテル」「オランダ語」です。

「ラベル」「英語」です。

人に対して使う場合

「レッテル」は、「一方的でネガティブな評価」が多くなります。

「ラベル」は、「ラべリングと言い、単純に人を分類する言葉」になります。

まとめ

「レッテル」「ラベル」は、「商品に貼る札」という意味では同じです。

但し、人に対して使う時には意味が違ってきますので注意しましょう。