スポンサーリンク

「嚆矢」と「先駆け」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「嚆矢」と「先駆け」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「嚆矢」「先駆け」の違いを分かりやすく説明していきます。

聞きなれない「嚆矢」と、「先駆け」という2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「嚆矢」とは?

「嚆矢」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「嚆矢」は、「こうし」と読みます。

「嚆矢」は、「鏑矢(かぶらや)」という意味があります。

鏑矢は、矢を放つと、とても大きな音を発する特別な仕掛け付きの矢でした。

古代の中国では、戦いを始める前に、敵陣に向かい鏑矢を射る習慣がありました。

そのことから転じて、「物事の始まり。

最初」
という意味があります。

何かが始まったとき、最初に何かをしたときに、「嚆矢」という言葉を使うことができます。

例えば、会議の席で重たい空気になり、誰も発言をしない場合があります。

そんな中で最初に発言した人がいる場合は、「重たい空気の中、Aさんが嚆矢となる発言をした」などという文章にできます。

また、日本で最初に新婚旅行をしたのは、幕末の英雄の一人、坂本龍馬夫婦だと言われています。

この場合は、「坂本龍馬夫妻の結婚後の旅行は、日本の新婚旅行の嚆矢である」などという文章にできます。

「先駆け」とは?

「先駆け」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「先駆け」「さきがけ」と読みます。

「先駆け」は、「他のものに先んじて敵中に攻め入ること」という意味があります。

先頭の場面で、誰よりも早く、敵を攻めることで、味方の士気を高めるような行為をした場合は、「先駆けにより、味方の士気が高まった」などという文章にできます。

また、「先駆け」には、「他のものより先になること」という意味があります。

例えば、タピオカミルクティーが流行する時、本格的に流行する前に、タピオカミルクティーを飲んでいた人がいるかもしれません。

このような人が、当時のことを回想する場合は、「今思えば、私はタピオカミルクティーブームの先駆けだったかもしれない」などと表現することができます。

「嚆矢」と「先駆け」の違い

「嚆矢」「先駆け」の違いを、分かりやすく解説します。

「嚆矢」「物事の始まり。

最初」
という意味があります。

「先駆け」には、「他のものより先になること」という意味があります。

どちらも、他よりも早くに何かをすることに対して、使用する言葉という共通点があります。

ただし、「嚆矢」「最初」で、「先駆け」「他より先」という意味があるため、「先駆け」よりも「嚆矢」のほうが、先を意味すると考えることができます。

ある流行がある時、最初にその流行を取り入れるのが「嚆矢」で、トップ集団だった場合は、「先駆け」と呼ぶことができるでしょう。

まとめ

「嚆矢」「先駆け」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物