スポンサーリンク

「歌舞伎」と「能」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「歌舞伎」と「能」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「歌舞伎」「能」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「歌舞伎」とは?

「歌舞伎」とは?

歌舞伎とは、日本に昔からある伝統芸能のこと。

江戸時代の娯楽で、ユネスコの無形文化遺産に制定されています。

日本らしい音楽と舞踊、そして独特の表情と、派手な演出を楽しめます。

歌舞伎は歌舞伎座という、専用のホールでおこなわれます。

昔ながらの時代劇、そして現代風にアレンジされた新作など、出し物はその都度かわります。

ひとつの公演は4時間くらいあり、お弁当を楽しみながらじっくり鑑賞できるのも歌舞伎の良さです。

運が良ければ当日券を発行してもらい、気軽に和の余韻にひたれます。

「能」とは?

「能」とは?

能も日本を代表する、古典芸能です。

室町時代に生まれたもので、こちらもユネスコの無形文化遺産になっています。

能は能舞台と呼ばれる、松の絵が描かれた檜舞台でおこなわれます。

女性や男性、おじいさんや鬼など、ある人物になりきった「能面」をつけて静かに演じられます。

また舞台の隅には、笛や小太鼓、大太鼓などの楽器を演奏する方たちが、シナリオにあわせて音楽を奏でます。

能と聞くと敷居の高いものに捉えられがちですが、その演目はお笑い、ホラー、サスペンスと多岐にわたっています。

昔ながらのミュージカルとして楽しめるのが能の魅力です。

「歌舞伎」と「能」の違い

「歌舞伎」と「能」の違い

どちらも古典芸能のひとつです。

「歌舞伎」「能」の違いを、分かりやすく解説します。

・ど派手なメイクの「歌舞伎」お面をつける「能」
「歌舞伎」「能」はどちらも、日本に昔からある歴史的な演目です。

能は室町時代に生まれたもので、観阿弥と世阿弥という親子によって編み出されました。

その美しさに、足利一族がとくに夢中になったと言われています。

能の特徴は小太鼓や笛の優雅さと、しゃなりしゃなりとおどる演者の滑稽さです。

演者は「能面」と呼ばれる、木彫りのお面をかぶって舞台に登場します。

般若や獅子、鬼など、空想上のキャラクターが演じられることも多いです。

一方で江戸時代に大成したのが、現代でもとても人気がある歌舞伎です。

歌舞伎では黒や赤など、派手なメイクをほどこした演者があらわれます。

このメイクは隈取といって、目の動きや顔の動きをリアルに表現したものです。

またキャラクターによっては白や赤などの雅なかつらをかぶって、怒りや悲しみを表現します。

地味でしっとり、落ちついた能に比べて、派手でギラギラしているのが歌舞伎です。

能は室町時代の面影をそのまま活かした、昔ながらの演目を味わえます。

一方で歌舞伎は現代風にアレンジされ、モダンに進化しています。

まとめ

まとめ

「歌舞伎」「能」の違いを分かりやすくお伝えしました。

歌舞伎は江戸時代、能は室町時代に生まれました。

どちらも日本を代表する、古典芸能のひとつです。

歌舞伎はカラフルな化粧とかつら、着物が目をひく派手な演劇です。

そして能は木でつくられた能面をかぶる、上品な佇まいの能楽です。

和の文化を覚えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物