スポンサーリンク

「視聴率」と「占拠率」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「視聴率」と「占拠率」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「視聴率」「占拠率」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「視聴率」とは?

「視聴率」とは?

「視聴率」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「視聴率」は、「しちょうりつ」と読みます。

「視聴率」は、「テレビ番組が、一定の地域内のどれだけの人、または世帯で見られたかを示す割合」という意味があります。

「視聴率」には、テレビ番組を見た世帯の割合を示す「世帯視聴率」と、「個人視聴率」がありますが、一般的に「視聴率」「世帯視聴率」を指します。

テレビを見る方法として、レコーダーに録画して再生する方法などがありますが、そのようなテレビ視聴は、「視聴率」に含まれないことになります。

例えば、あるテレビドラマを見ている世帯が、全体の3割を超えた場合は、「視聴率30パーセントを超える、高視聴率番組」と呼ばれます。

一方で、その時間帯に5パーセントの世帯さえもみてくれないことが分かった場合は、「5パーセントを切る、低視聴率に終わった」などと、関係者がっかりするかもしれません。

「占拠率」とは?

「占拠率」とは?

「占拠率」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「占拠率」「せんきょりつ」と読みます。

「占拠率」は、「全体に対して、ある特定の物が占めている割合」という意味があります。

例えば、ゲーム業界において、あるゲームが市場全体の5割以上の売り上げを占めている場合は、「5割以上の選挙率を誇る、大ヒットゲーム」などと呼ばれるかもしれません。

また、「占拠率」には、「一定の地域内において、視聴率の合計を100とした場合、ある番組を視聴していた割合のこと」という意味があり、「視聴選挙率」と言い換えることもできます。

例えば、ある日の午後8時か9時までの間に、テレビを見ていた世帯の合計を100とする場合、そのうち5割の世帯が、Aという番組を見ていた場合は、「Aは、この時間帯の占拠率が50パーセントを超えていた」などという文章を作ることができます。

「視聴率」と「占拠率」の違い

「視聴率」と「占拠率」の違い

「視聴率」「占拠率」の違いを、分かりやすく解説します。

「視聴率」は、「テレビ番組が、一定の地域内のどれだけの人、または世帯で見られたかを示す割合」という意味があります。

一方で、「占拠率」は、「一定の地域内において、視聴率の合計を100とした場合、ある番組を視聴していた割合のこと」という意味があります。

「視聴率」はある地域のすべての世帯を対象としているのに対して、「占拠率」は、ある地域のテレビを見ていた世帯のみを対象としているという違いがあります。

そのため、ある時間のある地域で、テレビを見ている人だけでなく、見ていない人も対象としているのが「視聴率」で、テレビを見ている人だけを対象としているのが「占拠率」という違いがあります。

まとめ

まとめ

「視聴率」「占拠率」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物