スポンサーリンク

「痛恨の極み」と「断腸の思い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「痛恨の極み」と「断腸の思い」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「痛恨の極み」「断腸の思い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「痛恨の極み」とは?

「痛恨の極み」とは?

「痛恨の極み」「つうこんのきわみ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「それ以上ないほど残念なこと」という意味で、尋常でない程心残りが強く諦めきれない様子のことです。

2つ目は「大いに恨めしく思うこと」という意味で、相手やものごとに対して何故その様になったのかと非常に恨めしく思うことです。

3つ目は「これ以上ないほど悔やまれること」という意味で、やらなかったことた、やろうとしてできなかったことに対して悔やんでも悔やみ切れない思いをすることです。

上記に共通するのは「これ以上ないほど痛手を感じる」という意味です。

「痛恨の極み」の使い方

「痛恨の極み」「それ以上ないほど残念なこと」「大いに恨めしく思うこと」「これ以上ないほど悔やまれること」という意味で使われます。

「痛恨」「痛手があること、恨めしいこと」という意味、「極み」「これ以上ないこと」という意味です。

基本的に、これ以上ないほど残念なことや、大いに悔やまれることに使われる言葉です。

「断腸の思い」とは?

「断腸の思い」とは?

「断腸の思い」「だんちょうのおもい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「非常に辛い決断をすること」という意味で、誰かが不利になることが分かっていても、そうせざるを得ないと決断することです。

2つ目は「非常に辛い思いで諦めること」という意味で、強い思いがある人や物に対して望みがないとして泣く泣く諦めることです。

3つ目は「非常に辛い思いで別れる時の気持ち」という意味で、家族や恋人など、大切な人ともう二度と会えない時の思いのことです。

上記に共通するのは「非常に辛い気持ち」という意味です。

「断腸の思い」の使い方

「断腸の思い」「非常に辛い決断をすること」「非常に辛い思いで諦めること」「非常に辛い思いで別れる時の気持ち」という意味で使われます。

「断腸」「自分のはらわたがちぎれるほど」という意味です。

基本的に、非常に辛い決断をすることや、これ以上なく辛い思いで諦めることに使われる言葉です」

「痛恨の極み」と「断腸の思い」の違い 「痛恨の極み」は「これ以上ないほど残念なこと」「大いに悔やまれること」という意味です。 「断腸の思い」は「非常に辛い決断をすること」「これ以上なく辛い思いで諦めること」という意味です。 「痛恨の極み」の例文

「痛恨の極み」の例文

・『連絡ミスにより商談を逃してしまい痛恨の極みだ』
・『大切なプレゼンの日に遅刻して痛恨の極みだ』
・『試合でサヨナラ押し出し負けとは痛恨の極みだ』
・『試験で名前を書き忘れてしまい痛恨の極みだ』

「断腸の思い」の例文

「断腸の思い」の例文

・『断腸の思いで不採用を決断する』
・『別れ話をした後断腸の思いで見送る』
・『断腸の思いでイベント中止を決断する』
・『彼がバンドから脱退するとは断腸の思いだ』

まとめ

まとめ

今回は「痛恨の極み」「断腸の思い」について紹介しました。

「痛恨の極み」「大いに恨めしい」「断腸の思い」「これ以上なく辛い」と覚えておきましょう。