「生半可」と「中途半端」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生半可」と「中途半端」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「生半可」「中途半端」はよく似た意味を持っている混同しやすい言葉ですが、「生半可」「中途半端」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「生半可」「中途半端」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

「生半可」とは?

「生半可(なまはんか)」という表現は、「十分ではなくて、中途半端なさま」「完成(精通)しておらず、いい加減なさま」を意味しています。

「生半可」「生」とは「未熟・不十分」を意味していて、「半可」「本当はよく知らないのに通(つう)ぶる半可通(はんかつう)」が語源になっています。

「生半可」の使い方は「生半可な覚悟では無理です」のように、「いい加減・中途半端」を意味して使う使い方になります。

「中途半端」とは?

「中途半端」という表現は、「物事が不完全(未完成)であるさま」「どっちつかずで曖昧なさま」を意味しています。

「中途半端」の使い方は、「中途半端な態度はやめてください」のように、「どっちつかずな様子」を指し示して使います。

「生半可」と「中途半端」の違い!

「生半可」「中途半端」の意味の違いを、分かりやすく解説します。

「生半可」という表現は、「十分(完全)ではないこと」「あやふや(中途半端)でいい加減なさま」を意味しています。

「生半可」という言葉は基本的に、「不十分・不完全で好ましくない言動・知識」などを表現する時に使われます。

それに対して、「中途半端」というのは「物事が不完全で完成していないこと」を意味していますが、必ずしも「好ましくない事柄・言動」だけを指し示すわけではないという違いがあります。

例えば、「中途半端ですが、今日はここで終わりです」の表現は、「完成していないが」を意味しているだけで、必ずしも悪い意味合いはありません。

また「中途半端」には、「生半可」にはない「どっちつかずではっきりしないさま」の意味があるという違いも指摘できます。

まとめ

「生半可」「中途半端」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「生半可」という表現は、「十分ではなくていい加減なさま」を意味しています。

それに対して、「中途半端」という表現は「物事が不完全で完成していないさま」「どっちつかずではっきりしないさま」の意味を持っています。

「生半可」「中途半端」の意味の違いを調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。