「しばらく」と「当面」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「しばらく」と「当面」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語の中には、言葉の意味が似通っている類義語というものがあります。

しかし、厳密に意味を深掘りして調べていくと、微妙にニュアンスの違いがあることが見えてきます。

その中で、「しばらく」「当面」という言葉もその1つになるでしょう。

そこで今回はこれらの言葉について考えてみることにしました。

「しばらく」と「当面」各々の解釈

ここで「しばらく」「当面」のそれぞれの意味を見ていくことにしましょう。

「しばらく」の意味や使い方

「しばらく」とは、「長いとまでは言えないが、幾らかの時間」「少しの間」、あるいは「やや長い時間を隔てているさま」などの意味を持つ言葉です。

「いやぁ、しばらくだなぁ」「しばらくお待ちください」という表現で使われています。

「当面」の意味や使い方

「当面」「とうめん」という読み方をする言葉で、「現在直面していること」「さしあたり」という解釈ができる言葉です。

「当面の目標」「当面の問題」というような使い方をしています。

「しばらく」と「当面」の違い

では、「しばらく」「当面」には、どのような意味の違いがあるのでしょうか?

「しばらく」「やや長い時間を隔てているさま」という意味を持っていますが、「過去の出来事」について、用いられるニュアンスがあります。

「しばらく戻っていない」という表現ができますが、これは過去の個とを指しています。

一方の「当面」「今、現在直面していること」という解釈から「当分、戻ってこない」という使い方をすると、「未来のこと」を指していることが理解できます。

これらのことが相違点として挙げることができます。

「しばらく」と「当面」各々を使った例文と意味を解釈

では、ここで「しばらく」「当面」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

「しばらく」を使った例文と意味を解釈

「ここに戻ってくるのは、本当にしばらくぶりだな。何もかもが懐かしい」

このような場面で使われる「しばらく」ですが、数十年ぶりに故郷に戻ることができたのでしょう。

「しばらく」戻ることがなかった故郷に足を踏み入れて、昔のことが走馬灯のように甦って来たのです。

とても懐かしく涙が溢れ出ているのかもしれません。

「当面」を使った例文と意味を解釈

「当面のところは様子を見ることにしよう。今焦ってうかつに手を出すと、厄介なことになる」

何か目の前で、重大な問題が起こっているのでしょう。

本来ならば、すぐに解決するための行動に移りたいところなのですが、今は焦らず静観することにしたのです。

まとめ

「しばらく」「当面」の2つの言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、厳密に意味を見ると、やはり解釈に違いがあることが分かりました。

負担からよく使われている言葉だけに、ここでしっかりと意味を正確に理解して、正しく使いこなせるようにしておきたいものです。