スポンサーリンク

「一人親方」と「個人事業主」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一人親方」と「個人事業主」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一人親方」「個人事業主」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一人親方」とは?

一人親方とは、ひとりおやかたという読み方をすべき言葉です。

文字で記されたこの言葉を見れば理解出来る事ですが、人数が1であるやひとりという意味の一人の文字に、一人前の職人を敬う呼び方と職人や弟子等を保護する立場にある人を意味する親方の文字を組み合わせる事で誕生した言葉となっています。

以上の事から一人親方は、建設業等において労働者を雇用せずに自分と家族のみで事業を行う事業主を表すのです。

「一人親方」の使い方

一人親方は、労働者を使用せずに自身の家族のみで事業を行う事を意味する言葉として使われています。

一般的には、建設業や林業といった業種を単独で行う事業主を表現する言葉として、この一人親方は使用されているのです。

ですがそれらの業種以外でも、職業ドライバーや漁業従事者、船員といった職種の人々は一人親方等という呼び方でこの言葉が使われたりします。

「個人事業主」とは?

個人事業主とは、こじんじぎょうぬしという読み方をする言葉です。

漢字で書かれたこの言葉を目にすれば分かる事ですが、一人一人の人や個々別々のといった意味を持っている個人の漢字に、事業を経営する人といった意味を所有する事業主の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ個人事業主は、株主といった法人を設立する事なく、自ら独立して事業を行っている人を示すのです。

「個人事業主」の使い方

個人事業主は、独立して事業を営んでいる人を表現する言葉として用いられています。

ただし必ずしも単独で仕事を行う訳ではなく、少数の従業員を使用したり、家族と共に働いている場合もあるのです。

更に家族と働く場合には、家族に対して明確な形で給与を支払う場合には、個人事業主という言葉を用いる事が出来ます。

「一人親方」と「個人事業主」の違い

一人親方と個人事業主の文字表記を並べて見比べてみれば、使用されている漢字の多くが違っているだけでなく、文字数自体も違っている事を発見可能です。

所が人という漢字が共通している上に、どちらも事業形態に関連した意味を持つ言葉同士となっています。

とはいえ文字の違いにより、表す意味合いにも相違点を見出す事が可能です。

ちなみに一人親方は、建設業等で労働者を雇用する事なく自身か家族だけで事業を行う事業主に対して使用される言葉となっています。

一方の個人事業主は、法人を設立せずに自ら独立して事業を行っている人を示す言葉です。

まとめ

2つの言葉は、共に人という漢字が使用されており、事業形態に関する意味を有しています。

ですが他の漢字や文字数等の違いもあるため、示す意味には相違点を見付ける事が可能です。

まず一人親方は、主に林業や建設業で労働者を雇用する事なく、自分自身や家族のみで事業を展開している事業主を表現する言葉となっています。

対する個人事業主は、株式会社といった法人の設立を行う事なく、独立して事業を営んでいる人に対して用いられる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物