スポンサーリンク

「慌てて」と「急いで」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「慌てて」と「急いで」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「慌てて」「急いで」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「慌てて」とは?

「慌てて」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「慌てて」は、「あわてて」と読みます。

「慌てて」は、「思いがけない物事に出会い、普段の落ち着きを失った様子で何かをすること」という意味があります。

このように、いつもとは違った様子で、急いで何かをするような場面で、「慌てて」という言葉を使うことができます。

例えば、会社に行く予定の時刻に起きるはずが、目覚ましが故障していたため、寝坊することがあるかもしれません。

この場合は、急いで会社に行くことになるため、「目覚ましが故障したため寝坊して、慌てて会社に向かう」などという文章にできます。

また、会社の昼休みに、同僚と食事をしていたら、話に夢中になり、昼休みが終わりそうなことに気づく場面があるかもしれません。

この場合は、「話に夢中になり、昼休み終了時間が間近に迫っていたため、慌ててどんぶり飯をかっ込む」などという文章を作ることができます。

「急いで」とは?

「急いで」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「急いで」「いそいで」と読みます。

「急いで」は、「普通よりも早い時間でことをしようとすること」という意味があります。

例えば、普通なら10分かけて歩く場所を、5分で歩こうとする場合は、「急いで歩く」という文章を作ることができます。

また、仕事の締め切りが迫っているため、いつもよりも短時間で仕事を仕上げようとすることがあるかもしれません。

この場合は、「締め切りが近づいているため、急いで仕事を仕上げる」などという文章にできます。

さらに、夏が近づいているのに、ボディラインが緩んでいるため、急ピッチでダイエットをしようとするかもしれません。

このような場面では、「薄着の季節が近づく前に、急いでダイエットを行う」などと表現することができます。

「慌てて」と「急いで」の違い

「慌てて」「急いで」の違いを、分かりやすく解説します。

「慌てて」は、「思いがけない物事に出会い、普段の落ち着きを失った様子で何かをすること」という意味があります。

一方で、「急いで」は、「普通よりも早い時間でことをしようとすること」という意味があります。

どちらの言葉にも、「いつもより早い時間でしようとすること」という意味が含まれているという、共通点があります。

「急いで」は、まさにいつより早い時間でしようとすることを意味するのに対して、「急いで」は、「普段の落ち着きを失った様子で」という要素を含むという違いがあります。

そのため、「急いでいる人」がいる場合、さらに落ち着きがない場合は「慌てている人」と表現することができます。

まとめ

「慌てて」「急いで」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物