スポンサーリンク

「勉強不足」と「不勉強」の言葉の違いとは?使い方や例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勉強不足」と「不勉強」の言葉の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では「勉強不足」「不勉強」の違いを解説します。

スポンサーリンク

「勉強不足」とは?

学びが十分でないという意味です。

学びが足りないと持っている知識は少なくなります。

そういったことから、知識が足りないといった意味にもなります。

十分な知識がないと、周りの人の会話についていけない、仕事でミスをしてしまう、自分が成長できないといったことになってしまう可能性があります。

自分が損をします。

カレーフェスタがあったとします。

ここでは、さまざまな店が出店をしており、さまざまなカレーを販売しています。

Aという店は、初めてフェスタに出店をしました。

フェスタにはどのような店が出ているのか、どういった販売方法をしているのかなどは事前に情報を仕入れています。

しかし、実際に販売をしてみると、お客さんへの対応が不十分であったり、材料が不足してしまったりなど、至らない部分がありました。

お客さんへの対応の仕方や、材料をどれくらい用意しておけばよいかなどは、しっかりと勉強できていませんでした。

このことを「勉強不足」といいます。

AさんがBさんから仕事にかかわる話しをされたとします。

しかし、AさんはBさんが言っていることの意味がよくわかりません。

Bさんがおかしな言葉を使っていてわからないのではなく、Aさんに知識がないのでわからない状態です。

これはAさんの学びが足りないといえ、この言葉が指すものになります。

「不勉強」とは?

やらなければならない努力を怠ること、学問や芸道などに精力的に取り組んでいないという意味です。

記者が作家にインタビューをすることで説明をします。

インタビューをする前には、その作家の著書をある程度読んでおくことが一般的です。

著書を読んで作風を理解したり、著者の考えなどを把握したりします。

こういったことをやらずにインタビューをするのは、著者を知る努力を怠っているといえるでしょう。

この言葉が指す状態です。

しっかりと勉強をしていなかったために、著書を読めばわかるようなことをインタビューで質問してしまったりします。

このようなことがあると相手に失礼です。

やるべきことを怠ったために、相手に不快な思いをさせてしまうこともあります。

「勉強不足」と「不勉強」の違い

2つの言葉の意味はほぼ同じようなもので、学問を十分に行っていないといった意味になります。

前者は知識が足りない、勉強が足りていないといった意味で使われますが、後者は努力を怠っていると相手を非難するときにも使われることがあります。

「勉強不足」の例文

・『勉強不足だと自覚する』
・『勉強不足で申し訳ない』
・『まだまだ勉強不足だ』
・『勉強不足のため理由がわからない』

「不勉強」の例文

・『不勉強だと指摘される』
・『不勉強な人に対して親切に教える』
・『記者は不勉強だった』
・『不勉強なことを叱責される』

まとめ

2つの言葉の意味はほぼ同じで、同じように使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物