スポンサーリンク

「保存」と「保管」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「保存」と「保管」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「保存」「保管」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「保存」とは?

「保存」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「保存」は、「ほぞん」と読みます。

「保存」は、「そのままの状態に保っておくこと」という意味があります。

例えば、大好きなアイドルの写真集を購入したとき、二冊買う場合があるかもしれません。

この場合、「一つは見るようにして、一つは永久保存版にする」などと、「永久保存」という言葉を使うことがあります。

また、災害に遭った時、食料に困ることが想定される場合があります。

この時、前もって日持ちする食料などを購入するかもしれません。

この場合は、「災害に備えて保存食を購入しておく」などという文章を作ることができます。

さらに、野菜を大量に購入したため、冷凍してそのままの状態を保ちたいと思うことがあるかもしれません。

この場合は、「食材を冷凍保存する」などという文章にできます。

「保管」とは?

「保管」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「保管」「ほかん」と読みます。

「保管」は、「物品を預かって、傷つけたり失ったりしないように、保存、管理すること」という意味があります。

例えば、警察が事件の証拠を発見したとき、証拠品を傷つけたり失ったりしないよう、大切に管理するのではないでしょうか。

この場合は、「事件の証拠品を大切に保管する」などと表現することができます。

また、引っ越しをする友達から、一時的にカメラのコレクションを預かるかもしれません。

この場合、カメラを傷つけたり失ったりしないよう、保存、管理する場所を用意する場合は、「友達のカメラの、保管場所を用意する」などという文章を作ることができます。

さらに、絵画のコレクションを始めた場合、劣化しないように保存しておく部屋などが必要になります。

この場合は、「コレクションを保管するための倉庫を借りる」などという文章にできます。

「保存」と「保管」の違い

「保存」「保管」の違いを、分かりやすく解説します。

「保存」は、「そのままの状態に保っておくこと」という意味があります。

一方で「保管」は、「物品を預かって、傷つけたり失ったりしないように、保存、管理すること」という意味があります。

「保存」「そのままの状態を保つ」ということを第一に考えるのに対して、「保管」「紛失や破損を防ぐ」ということを第一に考えるという違いがあります。

そのため、状態が変わりやすいものを維持する場合は「保存」を使い、失ったり破損したりしたら大変なものを維持する場合は、「保管」という言葉を使うことができます。

まとめ

「保存」「保管」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物