スポンサーリンク

「太陽」とは?言い換えを徹底解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「太陽」とは?言い換え
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「太陽」の意味や類語などを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「太陽」の意味

「太陽」の意味は以下の通りです。

1つ目は「銀河系に浮かぶ、明るい星」のこと。

高温のガスで包まれた、燃えるように真っ赤な球体をあらわします。

とても熱い温度でできていて、火山のマグマのような炎で包まれています。

理科の教科書にも出てくる、科学的な言葉です。

そして2つ目は「精神的な支え」をいいます。

比喩として用いられることが多く、その人やその動物がいるだけで心がポカポカと温まる様子をあらわしています。

例えば平塚らいてうの「元始、女性は太陽であった」という表現は、当時の女性を称える一文です。

社会活動の中心に女性がいて、周囲を照らす存在であったことを例えています。

理科の授業や宇宙について学んでいる時は1つ目の訳が用いられます。

その他の分野では、2つ目の訳が引用できます。

明るくて光を放つ存在が「太陽」です。

「太陽」のポジティブな言い換え

「太陽」のポジティブな言い換えは以下の通りです。

・『元気になれるもの』
よく晴れた日は、不思議と元気になれます。

同じように「太陽のような人」というと「元気になれる存在」をあらわします。

心が前向きになることを示しています。

・『心の支え』
心の拠り所となる、無くてはならない存在をあらわします。

落ち込んでしまっても、その人やその物を見て、頑張ることを示しています。

・『華がある人』
どんな星よりも輝いているのが太陽です。

そのため、存在感があってどこに行っても目立つ人を「華がある」といいます。

オーラがあって、いつでも笑っているような人を例えています。

「太陽」の類語や言い換え

「太陽」の類語や言い換えは以下の通りです。

・『中心人物』
銀河系の中心にある太陽。

そのため、組織の中核をあらわす時に「中心人物」という言い方をします。

小説や舞台の鍵を握る人物を、例えることもあります。

・『銀河系の天体』
太陽は天の川銀河に浮かんでいる恒星です。

ちなみに恒星とは、そのものの力で輝きを放っている星のこと。

空に輝く星や、太陽をいいます。

・『重要人物』
大きな影響力を持った、力強い人をあらわします。

ボスやリーダー的な人をいいます。

権力がある人、力を持っていて影響力のある人をいいます。

まとめ

今回は「太陽」について紹介しました。

「太陽」の意味や類語を理解して、日常で使いこなせる様にしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言い換え
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物