「発展」と「進展」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「発展」と「進展」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「発展」「進展」は類似した意味合いを連想させる混同しやすい言葉ですが、「発展」「進展」の意味・使い方の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「発展」「進展」の意味の違いを、詳しく説明していきます。

「発展」の意味や使い方

「発展(はってん)」という表現は、「物事や経済が伸びてその勢いが盛んになること」を意味しています。

「発展」とは、「物事・国家・経済が、進歩・成長した新たな段階(よりレベルの高いステージ)へと移り変わること」を意味している言葉です。

また「発展」には「色事で活発に動いて関係が深まる」という俗語的な意味合いも持っています。

「発展」の使い方は「国家経済が発展しました」のように、「経済・技術の水準が成長してその勢いが盛んになる時」に使うことができます。

「進展」の意味や使い方

「進展」という言葉は、「事態や状況が進行して、新たな展開(変化)が起こること」「他者との人間関係(男女関係)が深まること」を意味しています。

「進展」の使い方は「状況に進展が見られません」のように、「物事が前に進んで新たな局面の展開が見られる時」に使う使い方になります。

また「二人の関係が進展しました」のように、「他者との関係が深まる場合」にも使えます。

「発展」と「進展」の違い

「発展」「進展」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

「発展」という言葉は、「物事・経済が伸びてその勢いが盛んになること」「物事がより進歩・成長した新たな段階(より高い段階)へと移り変わること」を意味しています。

それに対して、「進展」の言葉は「現在の事態が進行して新たな展開が起こること」を意味していて、「発展」のように「経済が成長したり生活・技術の水準が進歩したりする」の意味合いを持っていないという違いがあります。

「進展」「事態が進行して新しい局面が現れる」「他者との関係が深まること」に意味の重点がありますが、「発展」「物事が成長してその勢いが強くなること」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

また「発展」には「進展」にはない「色事・性的な事柄で活発に動いて関係が深まること」という俗語的な意味合いも持っています。

「発展」を使った例文と意味を解釈

「発展」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「国の経済が発展すれば、精神的なゆとりが生まれて文化的活動も盛んになってきます」

この「発展」を使った例文は、「発展」の表現を、「国の経済が成長・進歩してその勢いが盛んになれば」の意味合いで使っています。

「進展」を使った例文と意味を解釈

「進展」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「明日までに仕事の進捗状況に進展がなければ、このプロジェクトは中止にさせてもらいます」

この「進展」を使った例文は、「進展」の表現を、「明日までに仕事の進み具合が進行して新たな段階への展開が見られなければ」を意味する文脈で使っています。

まとめ

「発展」「進展」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「発展」というのは、「物事がより進歩・成長した段階へと移り変わること」「色事で積極的に動いて関係が深まること」を意味しています。

それに対して、「進展」という言葉には「物事・事態が進行して、新たな局面の展開が見られること」「人との関係が深まること」の意味があります。

「発展」「進展」の意味の違いを正確に調べたい時には、この記事の解説を確認してみてください。