「感想」と「コメント」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「感想」と「コメント」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「感想」「コメント」の違いを分かりやすく説明していきます。

「感想」の意味や使い方

「感想」の意味や使い方について紹介します。

意味

「感想」「かんそう」と読み、「あるものごとについて、心に感じたことや思ったこと」という意味です。

単純に「良かった・悪かった」など抽象的なことから、自分なりの分析なども含みます。

使い方

「感想」は名詞であり、「感想を述べる」と動詞を伴って使ったり、「感想文」と複合語として使います。

「感」「深く心が動くこと」「何かに接して生じる心の動き」「ものごとの様子」という意味です。

「想」「考え・思い」という意味です。

「感想」で、「あるものごとに対して心が引かれたことや思った事」として使い、人は関係なく自分がどう思ったかを表します。

「コメント」の意味や使い方

「コメント」の意味や使い方について紹介します。

意味

「コメント」は、「あるものごとについて、自分なりの意見や解説などを加えること」という意味です。

抽象的な内容だけではなく、第三者に伝えることを目的として、具体的な情報や内容が求められます。

使い方

「コメント」は名詞で、「コメントする」と動詞を伴って使ったり、「ノーコメント」と英語として使います。

英語の“comment”「意見・論評・批評」という意味があり、自分の意見や見解を人に伝えることを言います。

ただ個人が思ったことだけではなく、人にとって参考になったり、考えを深めるきっかけとなる内容を表します。

「感想」と「コメント」の違い

「感想」「コメント」の違いについて分り易く説明します。

目的

「感想」は、あるものごとに対して思ったこと、感じたことを述べたもので、人に読まれることを目的としていません。

「コメント」は、あるものごとに対して意見や解説を述べることで、第三者に読まれることを目的としています。

内容

「感想」は、感情的・抽象的な内容でも構いません。

「コメント」は、理性的・具体的な内容が求められます。

「感想」を使った例文と意味を解釈

「映画を観終わって素直にカッコいいと感想を述べた」

アクション映画を観終わって、感想を求められましたが、ストーリーや演出など専門的なことは分らず、素直に「カッコいい」と言ったことを表しています。

「コメント」を使った例文と意味を解釈

「もっと気が利いたコメントをして欲しい」

テレビ番組で、ゲストとして招いた人が意見を求められて「面白い」「すごい」しか言いませんでした。

事前に勉強するなどしてもっと視聴者の為になる様な見方や分析を述べて欲しかったと言っています。

まとめ

「感想」「コメント」は、似ている様で目的や内容が全く違います。

人から意見を述べる時には、内容により使い分ける様にしましょう。