「ガリガリ」と「華奢」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガリガリ」と「華奢」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ガリガリ」という表現と「華奢」という表現を知っているでしょうか。

どちらも「痩せている」というニュアンスのある表現ですが、この2つはどのような意味を表し、どのような違いがあるのでしょうか。

ここでは「ガリガリ」という表現と「華奢」という表現についてこれらの意味と違いを紹介していきます。

「ガリガリ」と「華奢」各々の解釈

「ガリガリ」「華奢」のそれぞれの意味や使い方の解釈をします。

「ガリガリ」の意味や使い方

「ガリガリ」というのは「ひどく痩せている」という意味があります。

これ以外にも「硬いものを噛み砕いたり引っ掻いたりするときの音を表す表現」という使い方があり、「1つのことに凝り固まって他のことを考えるゆとりがない」様子を表すこともあります。

「ガリガリに痩せる」というと「極端に痩せる」という意味があり、健康的に痩せたわけではなく、不健康に痩せたイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

過激なダイエットをすることによって「ガリガリ」になってしまうこともあります。

「華奢」の意味や使い方

「華奢」というのは「姿や形が上品で美しいが弱々しく感じられる様子」という意味になります。

「頑丈ではない様子」という意味もあり、「ほっそりして上品に感じられる」「繊細で弱々しく感じられる」ということになります。

「華奢な体つき」と言えば、極端に痩せているというわけではなく、「骨が細いため線が細い」というイメージになります。

「ガリガリ」と「華奢」の違い

「ガリガリ」「他者」という表現も痩せているというイメージがある言い回しですが、「ガリガリ」というのは「骨に肌がくっついたような体型」というイメージが強く、骨の太さはあまり関係ありません。

もしもダイエットで「ガリガリ」になってしまったら、それは不健康ということになり、必要に応じて病院に行かなければならないこともあるでしょう。

それに対し、「華奢」というのは「ガリガリ」ほどの細さはなく、男女ともにウケが良い体型になります。

「ガリガリ」と「華奢」各々を使った例文と意味を解釈

「ガリガリ」「華奢」を使ったそれぞれの例文とその意味を解釈していきます。

「ガリガリ」を使った例文と意味を解釈

「彼女は拒食症になり、ガリガリになってしまったらしい」

ダイエットを心がけたことで、拒食症になってしまった、過食症になってしまった、という経験がある人もいるかもしれません。

過激なダイエットをしたことによって身体ともにバランスを崩すこともあります。

特に自分が痩せ始めた時、痩せているという認識がなくそのまま拒食症や過食症に陥ってしまう女性が多いと言われており、過激なダイエットには注意が必要だとされています。

「華奢」を使った例文と意味を解釈

「彼女は小さい頃から華奢な体つきです」

小さな頃から細身で、だからといって痩せすぎというわけではない、という体つきの場合は「華奢」と言われるかもしれません。

また、病気がちであまり食べられないという時にも「華奢」という表現が使われます。

まとめ

「ガリガリ」「華奢」という表現は似たようなイメージのある表現ですが、大きく意味合いが異なります。

使い方によっては誤解を与えてしまう可能性もありますので、気をつけなければいけません。