スポンサーリンク

「予言」と「預言」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「予言」と「預言」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「予言」「預言」はそれぞれの意味を混同して間違えやすい同音異義語ですが、「予言」「預言」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では「予言」「預言」の例文も紹介しながら、それぞれの意味の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「予言」の意味や使い方

「予言」の意味や使い方

「予言(よげん)」という表現は、「これから先の未来に起こる出来事を、あらかじめ予測して言うことやその言葉」を意味しています。

「予言」の使い方は「10年後の世界を彼は予言しました」のように、「未来の事柄について前もって予測して言う場合」に使うという使い方になります。

「預言」の意味や使い方

「預言」の意味や使い方

「預言(よげん)」という言葉は、「ユダヤ教・キリスト教・イスラム教などの啓示宗教(神の教えを伝える宗教)で、神様から人間に預けられた言葉を言うことやその言葉」を意味しています。

「預言」の使い方は「神様からの預言を伝えても現代ではまず信じてもらえません」のように、「神様から預けられた言葉を語ることやその言葉」を意味して使うことができます。

「予言」と「預言」の違い

「予言」と「預言」の違い

「予言」「預言」の意味の違いを、分かりやすく解説していきます。

「予言」という言葉は、「これから先の未来に起こる事柄を予測して言うことやその言葉」を意味しています。

それに対して、「預言」というのは「ユダヤ教・キリスト教・イスラム教などの啓示宗教において、神様から預けられた言葉を言うことやその言葉」を意味しているという違いがあります。

「予言」という言葉は「あらかじめ未来について言うこと」に意味の重点がありますが、「預言」という言葉は「宗教で信じられている神様の言葉を預かること(預けられること)」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

「予言」は未来の出来事についての予測を当てられるか否かの的中率がありますが、「預言」は神様の言葉なので的中率について論じられることがない違いもあります。

「予言」を使った例文と意味を解釈

「予言」を使った例文と意味を解釈

「予言」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「1999年に地球が滅亡するというノストラダムスの予言が当たることはありませんでした」

この「予言」を使った例文は、「予言」の表現を、「ノストラダムスが1999年の未来についてあらかじめ予測していた言葉が当たることはなかった」という意味で使っています。

「預言」を使った例文と意味を解釈

「預言」を使った例文と意味を解釈

「預言」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「キリスト教の聖書には、モーセやイザヤ、イエス・キリストなどの預言者の言行録が収められています」

この「預言」を使った例文は、「預言」の表現を、「神様からの言葉を預けられた人たちの言行録」という意味を持つ文章で使っています。

まとめ

まとめ

「予言」「預言」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「予言」というのは、「未来に起こる出来事を予測して言うことやその言葉」を意味しています。

それに対して、「預言」という言葉は「ユダヤ教・キリスト教・イスラム教などで神様から預かった言葉を言うことやその言葉」の意味合いを持っています。

「予言」「預言」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物