スポンサーリンク

「キャバ嬢」と「ホステス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャバ嬢」と「ホステス」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャバ嬢」「ホステス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャバ嬢」とは?

「キャバ嬢」とは?

「キャバ嬢」の意味と概要について紹介します。

意味

「キャバ嬢」は、「キャバレークラブ」、略して「キャバクラ」で働く女性の接客スタッフのことをです。

来店する男性客と会話をしたり、お酒を勧めて楽しく過ごせる様にするのが仕事です。

概要

「キャバクラ」というと、昔は派手な服装をした女性が接客をする場所でした。

しかし最近では様々な趣向の「キャバクラ」が増えて、素人っぽい「キャバ嬢」もいます。

「キャバクラ」では男性客と1対1で接するのが基本です。

店内で「おさわり」は禁止されていますが、お店の外で「同伴」をすることもあります。

「ホステス」とは?

「ホステス」とは?

「ホステス」の意味と概要について紹介します。

意味

「ホステス」「ホスト」の女性形で、バーやナイトクラブなどで接客をする女性のことを言います。

こちらも来店する男性客と会話をして、お酒を勧めて楽しく過ごせる様にするのが仕事です。

概要

「クラブ」は会員制のところが多く、身元がしっかりとした男性客しか入れないことが多くなります。

一般的に「キャバクラ」よりも高級感があり、客層も会社の重役だったり、政治家や著名人が多くなります。

基本的に1人のお客に複数の「ホステス」が付きます。

相手に合わせて時事ネタや政治ネタまで合わせる必要があり、一流ホステスになる為には頭の回転の速さも必要です。

「キャバ嬢」と「ホステス」の違い!

「キャバ嬢」と「ホステス」の違い!

「キャバ嬢」「ホステス」の違いを、分かりやすく解説します。

場所

「キャバ嬢」は、「キャバレークラブ」で働き、マンツーマンの接客をします。

「ホステス」は、「クラブ」で働き、1人のお客に対して複数で接待をします。

上司

「キャバ嬢」は、「ボーイ」と呼ばれるスタッフに教育を受けます。

「ホステス」は、「ママ」と呼ばれる女将に教育を受けます。

まとめ

まとめ

「キャバ嬢」「ホステス」は、接客する場所と方法が違います。

お店が大衆的か高級か、という点で使い分けると良いでしょう。