スポンサーリンク

「マネージャー」と「秘書」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マネージャー」と「秘書」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「マネージャー」「秘書」はよく似た役割・仕事を連想させる紛らわしい二つの言葉ですが、「マネージャー」「秘書」の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「マネージャー」「秘書」の意味・役割の違いを分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「マネージャー」とは?

「マネージャー」とは?

「マネージャー」とは、「管理人・責任者・支配人・管理職」「運動部でチームの庶務・会計・世話をする役割の人」を意味しています。

「マネージャー」には、「芸能人を管理して、代わりに営業・交渉をしたりする人」の意味もあります。

「秘書」とは?

「秘書」とは?

「秘書(ひしょ)」とは、「要職の上司に直属して、その上司の世話やスケジュール管理、機密文書の管理などを行う役職やその人」を意味しています。

「秘書」は日本では「社長・部長などの側について、身の回りの世話やスケジュール管理、来客対応をする女性の仕事」の意味合いが強いのですが、「秘書」の本務は「機密事項・重要文書の管理・処理」にあります。

そのため、米国では「秘書(セクレタリー)」はトップマネジメントの一つとされています。

「マネージャー」と「秘書」の違い!

「マネージャー」と「秘書」の違い!

「マネージャー」「秘書」の違いを、分かりやすく解説します。

「マネージャー」という言葉は、「管理人・責任者・支配人・管理職」などを意味しています。

それに対して、「秘書」「要職者についてその世話・スケジュール管理をしたり、機密事項・重要書類を取り扱ったりする仕事、その仕事をしている人」を意味しているという違いがあります。

「マネージャー」には「運動部で部員の世話・管理・会計をしたりする人(多くは女性部員が担う)」という意味もありますが、「秘書」にはそういった意味はありません。

「芸能人について世話をしたり交渉したりする仕事」「マネージャー」と言いますが、「秘書」には芸能人の付き人のような意味合いがない違いも指摘できます。

まとめ

まとめ

「マネージャー」「秘書」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「マネージャー」というのは、「管理人(責任者)・支配人・管理職」「運動部でチームの庶務・会計などの世話をする役割」「芸能人を管理したり代わりに交渉したりする人」などを意味しています。

それに対して、「秘書」とは「要職の上司に直属して上司の世話やスケジュール管理、重要書類(機密文書)の管理などを行う役職・仕事・その人」を意味しています。

「マネージャー」「秘書」の違いを調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。