「アスリート」と「スポーツマン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アスリート」と「スポーツマン」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アスリート」「スポーツマン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アスリート」とは?

「アスリート」とは?

「アスリート」とは、英語で同音の“athlete”からきているカタカナ語で、「運動選手」という意味で用いられています。

特に種目などは問わず、運動競技の選手という意味で広く使える言葉ですが、近年では運動とは言い難い競技やゲームの選手に対しても用いられており、eスポーツと呼ばれるゲーム大会に参加する選手に「ゲームアストート」などと使うことも珍しくありません。

本体の意味からすると、間違った使い方になりますが、何かしらの競技の選手という広い解釈で考えて用いており、全くの間違いだとも言い切れません。

「スポーツマン」とは?

「スポーツマン」とは?

「スポーツマン」は、運動が好きな人、得意な人といった意味で使われる言葉です。

何かの選手というレベルでなくても、体を動かすことが好きだったり、特定のスポーツが好きで続けているような人に広く使うことができます。

よって、先の「アスリート」も、この「スポーツマン」の1つだと考えることができますが、こちらの「スポーツマン」には、暗にプロやそれに準じるようなレベルには至らないものの、スポーツが好き、得意だというニュアンスがあると考えてください。

つまり、プロレベルの人にこの言葉を使うのは、あまり合わない表現になってしまいます。

「アスリート」と「スポーツマン」の違い

「アスリート」と「スポーツマン」の違い

「アスリート」「スポーツマン」の違いを、分かりやすく解説します。

「アスリート」は、主にスポーツ競技の選手を指して使う言葉で、一部ゲームのプレイヤーなどにも用いることがあります。

「スポーツマン」の方は、運動をする人に限られた言葉になりますが、プロやそこまでのレベルではない人が対象になると考えていいでしょう。

よって、「アスリート」と使われる人は、何の競技(ゲームなどの含む)の選手のことだと解釈してください。

まとめ

まとめ

「アスリート」「スポーツマン」は、このように違う言葉です。

草野球に勤しんでいるような人は、「スポーツマン」と呼べるという具合です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物