「映画」と「ドラマ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「映画」と「ドラマ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「映画」「ドラマ」の違いの違いを分かりやすく説明していきます。

「映画」とは?

「映画」とは?

「映画」の意味と概要について紹介します。

意味

「映画」「えいが」と読み、「あるストーリーを役者が演じ、フィルムに収めて映画館で上映する作品」という意味です。

一つのストーリーを最初から最後まで通して観られます。

概要

「映画」は、制作会社が費用を出して監督に依頼をして、俳優を集めて撮影されます。

1つの作品を仕上げるまで撮影が続けられ、大掛かりなセットや海外でのロケが行われたり、CGや3Dなどの最新技術も駆使して作られます。

制作費は数億円に上ることもあり、上映してから動員数が少ないと赤字になることもあるのです。

娯楽作品として映画館で楽しみます。

「ドラマ」の違いとは?

「ドラマ」の違いとは?

「ドラマ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ドラマ」とは、「テレビドラマ」のことを言い、「あるストーリーを役者が演じ、テレビで決まった時間帯に放映される2時間枠、或いは毎週連続の作品のこと」という意味です。

何曜日の何時から何時まで、という枠で進められていくストーリーです。

概要

「ドラマ」は、テレビ向けにスポンサーが契約をして、俳優を集めて撮影されます。

1つの作品を仕上げる前に、先に撮影した分を放映してしまい、評判が悪いとストーリーを当初の予定と変えてしまうこともあります。

すぐに撮影できる様に、ロケの場所も街中などが多く、背景を特定できない様にする為に俳優の上半身カットが多くなります。

また、テレビ放映時には一定時間経つとスポンサーのCMが入ってきます。

「映画」と「ドラマ」の違い!

「映画」と「ドラマ」の違いの違い!

「映画」は、「あるストーリーを最初から最後まで撮影して、映画館で観賞する作品」です。

「ドラマ」は、「あるストーリーを分割して撮影して、テレビで観賞する作品」です。

まとめ

まとめ

「映画」「ドラマ」は作り方や観賞の仕方が違います。

自分の空いた時間に好きな方法で楽しみましょう。