「国内マーケティング」と「海外マーケティング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「国内マーケティング」と「海外マーケティング」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「国内マーケティング」「海外マーケティング」の違いを分かりやすく説明していきます。

「国内マーケティング」とは?

「国内マーケティング」とは、日本国内で行うマーケティングの総称です。

このマーケティングとは、言い換えれば「市場調査」のことで、どのようなものが好まれているのか、どうすれば売れるのかといったことを、既存、または新しく発売する商品やサービスにおいて調べることです。

特に新発売の場合に、事前のこれがうまくいっていないと、販売不振を招くことが多々ある為、自社で行う場合だけでなく、専門の会社に依頼することも少なくありません。

「海外マーケティング」とは?

「海外マーケティング」は、海外で製品やサービスを販売する為のマーケティングのことです。

海外では、日本とは風習が違うということが一番のネックになりかねないので、国内で行う場合にはこの調査も欠かせません。

その国や地域においてニーズがあるのか、更に日本とは物価がそれなりに異なる場合には、どれくらいの価格設定にすればいいのか、また、既に競合商品が存在しているのかといった内容になることが多いです。

これらは実際に現地で調べないことには始まらないので、その為にある程度の期間現地に滞在する、または先のような調査会社を利用するという手があります。

「国内マーケティング」と「海外マーケティング」の違い

「国内マーケティング」「海外マーケティング」の違いを、分かりやすく解説します。

共にマーケティングのことには変わりませんが、「海外マーケティング」では、日本では必要のない調査まで行うことになると考えてください。

前述のような風習の違い(それによっては、全く販売できない場合がある為です)、価格設定の問題などがそれに当たり、日本では多少高くても売れるものであっても、海外では少し価格を落としたとしても見向きもされない可能性があるからです。

まとめ

「国内マーケティング」「海外マーケティング」は、このように違います。

国内でのマーケティングの専門家であっても、海外では勝手が違うことも多いので、注意が必要になると言えるでしょう。