「キックボクシング」と「ムエイタイ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キックボクシング」と「ムエイタイ」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では「キックボクシング」「ムエタイ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「キックボクシング」とは?

「キックボクシング」の意味と概要について紹介します。

意味

「キックボクシング」は、ベトナムの「ムエタイ」に対抗するべき格闘後として、1966年に日本で発生した格闘技です。

歴史はまだ浅く、「ムエタイ」「ボクシング」「空手」なども取り入れた新たな格闘技なのです。

概要

「キックボクシング」は、立った姿勢から数多くの技を出せる格闘技です。

ボクシングだけではなく、空手の技である後ろ回し蹴りやひざ蹴りなども繰り広げられます。

また、K-1でお馴染みの「かかと落とし」という技も含まれます。

但し、クリンチと呼ばれる「首相撲や肘打ち」は危険なので禁止されています。

「ムエタイ」とは?

「ムエタイ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ムエタイ」は、タイで発祥、400年以上もの歴史がある格闘技です。

元々は戦闘目的で編み出されたのですが、その後学校教育にも取り入れられるなど、タイの人々に親しまれています。

概要

「ムエタイ」は、キックと相手に組み付いてボディへのひざ蹴りなどの技があり、相手の首い手を回す「首相撲(クリンチ)」も認められています。

また、ひじ打ちは顔面へ攻撃すると反則になるので、胸にめがけて打つ様になります。

「キックボクシング」と「ムエタイ」の違い!

「キックボクシング」は、日本発祥で「ひじ打ち」「首相撲」は反則になります。

「ムエタイ」は、ベトナム発祥で「ひじ打ち」「首相撲」はOKです。

まとめ

「キックボクシング」「ムエタイ」は、発祥国とルールに違いがあります。

試合を観戦する機会があれば、ルールを確認してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物