スポンサーリンク

「規制緩和」と「行政改革」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「規制緩和」と「行政改革」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「規制緩和」「行政改革」はよく似た意味を連想させる区別が難しい二つの用語ですが、「規制緩和」「行政改革」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「規制緩和」「行政改革」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「規制緩和」とは?

「規制緩和」とは?

「規制緩和(きせいかんわ)」という政治用語は、「市場の自由競争を制限・抑制(禁止)している法律的・制度的(資格・免許の制度的)な各種の規制を緩めたり廃止したりすること」を意味しています。

「規制緩和」は、「自由市場・自由競争による効率化・最適化」を前提として進められます。

一方で、「規制緩和」には「消費者保護が弱くなる問題・価格競争が行き過ぎてデフレ化するリスク・資格や免許が必要とされる業界の安全性の問題」などもあります。

「行政改革」とは?

「行政改革」とは?

「行政改革(ぎょうせいかいかく)」という政治用語は、「国・地方公共団体の行政組織の効率化・民業圧迫の改善・経費削減などを目的とする改革」の意味を持っています。

「行政改革」「行革(ぎょうかく)・行財政改革」とも呼ばれますが、明治維新から行政改革は断続的に行われていて、その基本は「行政組織の無駄遣いの抑制(財政支出削減)・過剰人員の整理・民業活性化」にあります。

「規制緩和」と「行政改革」の違い!

「規制緩和」と「行政改革」の違い!

「規制緩和」「行政改革」の違いを、分かりやすく解説します。

「規制緩和」とは「法的・制度的・資格(免許)的な各種の規制を緩めたり無くしたりすること」を意味していますが、「行政改革」というのは「国・地方公共団体・公務員の行政機構を見直して効率化・最適化すること」を意味しているという違いがあります。

「規制緩和」という用語は「各種の法的規制を弱めて自由市場原理が働くようにすること」に意味の重点がありますが、「行政改革」という用語は「国・地方の行政機関(公務員が構成する組織)の機能・規模・財政・役割・規制などを見直してより効率化・最適化すること」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「規制緩和」「行政改革」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「規制緩和」という政治用語は、「市場の自由競争を制限・禁止している法的・制度的(資格制度的)な各種の規制を緩めたり廃止したりすること」を意味しています。

それに対して、「行政改革」という政治用語は「国・地方の行政組織の効率化や民業圧迫の緩和、経費削減などを目的とする改革」の意味合いを持っています。

「規制緩和」「行政改革」の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物