「復旧」と「復元」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「復旧」と「復元」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「復旧」「復元」は同じような意味を連想させる区別が難しい二つの言葉ですが、「復旧」「復元」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「復旧」「復元」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

「復旧」とは?

「復旧」とは?

「復旧(ふっきゅう)」という言葉は、「実際に問題なく使えるようにするために、元通りの状態に戻すこと」を意味しています。

「復旧」というのは、「以前と同じように使用できるように元通りの状態に戻す」を意味している言葉です。

例えば、「電気のインフラを復旧しました」のような例文で使用することができます。

「復元」とは?

「復元」とは?

「復元(ふくげん)」という言葉は、「できるだけ同一性・完全性を重視して、元通りの状態に戻すこと」の意味を持っています。

「復元」「復旧」よりも、「以前と完全に同じ状態に戻す」というニュアンスが強い言葉になっています。

例えば、「ファイルを完全な形で復元するには時間がかかります」といった文章で使えます。

「復旧」と「復元」の違い!

「復旧」と「復元」の違い!

「復旧」「復元」の違いを、分かりやすく解説します。

「復旧」という言葉も「復元」という言葉も「物事・データ・建築物などを元通りの状態に戻すこと」を意味していますが、「同一性・完全な再現性」を重視して以前の状態とまったく同じような状態に戻す場合には「復旧」ではなく「復元」を使うという違いがあります。

「復旧」という表現には、「問題なく使用できるようにするために元通りの状態に戻す」という「実用性・利便性」を重視したニュアンスがあります。

一方で、「復元」のほうは「同一性を重視して、できるだけ完全に元通りの状態に戻す」という意味を重視したニュアンスがある違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「復旧」「復元」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「復旧」という表現は、「実際に使えるようにするために、元通りの状態に戻すこと」を意味しています。

それに対して、「復元」という言葉は「すべてが同じようになる同一性を重視して、元通りの状態に戻すこと」の意味を持っています。

「復旧」「復元」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。