「アセスメント」と「モニタリング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アセスメント」と「モニタリング」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アセスメント」「モニタリング」は似たような意味を連想させる介護に関連する二つの言葉ですが、「アセスメント」「モニタリング」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「アセスメント」「モニタリング」の意味の違いを詳しく説明していきます。

「アセスメント」とは?

「アセスメント」とは?

「アセスメント」という言葉は、「被験者・環境・物事の状態などを、各種の専門的な方法やテストで検査(診断)すること」を意味しています。

さらに「アセスメント」は、「介護において利用者の心身の健康状態・要介護度を把握してから、必要な介護サービスの計画を立てること」という介護用語としての意味も持っています。

「モニタリング」とは?

「モニタリング」とは?

「モニタリング」という言葉は、「人・物事の状態や経過を観察すること」を意味しています。

さらに「モニタリング」は、「介護において利用者が介護サービスを利用した後の経過や変化を報告・連絡すること」という介護用語としての意味合いも持っています。

「アセスメント」と「モニタリング」の違い!

「アセスメント」と「モニタリング」の違い!

「アセスメント」「モニタリング」の違いを、分かりやすく解説します。

「アセスメント」という用語は一般的に環境アセスメントや心理アセスメントで使われるように「人・環境などの状態を詳しく検査・診断すること」を意味していて、「経過・様態を観察すること」を意味する「モニタリング」とは異なります。

介護用語として使われる「アセスメント」には「事前に利用者の心身の健康状態をチェックしてから介護計画を立てる」という意味がありますが、「モニタリング」というのは「事前のチェックではなく、介護サービスの事後の利用者の状態・変化の報告をすること」を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「アセスメント」「モニタリング」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「アセスメント」という言葉は、「被験者・環境の状態などを各種の方法で検査すること」「介護で利用者の心身の状態を把握してから必要な介護サービスを計画すること」を意味しています。

それに対して、「モニタリング」というのは「人・物事の状態(経過)を観察すること」「介護で利用者が介護サービスを利用した後の経過を報告・連絡すること」の意味を持っています。

「アセスメント」「モニタリング」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。