「たまご肌」と「もち肌」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「たまご肌」と「もち肌」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「たまご肌」「もち肌」の違いを分かりやすく説明していきます。

「たまご肌」とは?

「たまご肌」とは?

「たまご肌」の意味と概要について紹介します。

意味

「たまご肌」とは、「ゆで卵の殻をむいた後の様に、ツルンとした白い肌のこと」という意味です。

毛穴が目立たず、光を反射する様なつるつるの肌のことです。

使い方

「たまご肌」は、女性の顔の肌に対するほめ言葉として使われます。

肌にはまず毛穴があり、それにニキビや吹き出物があると、でこぼこに見えることもあります。

女性は素肌をキレイにして素肌美人になる為に、化粧品を使ってケアしています。

その結果、洗顔後にノーメイクの状態で、ツルンとしていて「毛穴が目立たない滑らかな肌」「自然なツヤがある肌」になった時に、「たまご肌」と言うのです。

「もち肌」のとは?

「もち肌」のとは?

「もち肌」の意味と概要について紹介します。

意味

「もち肌」とは、「つきたての餅のように、色が白くなめらかでふっくらとした肌のこと」と意味です。

顔だけではなく、手足など全身がもちもちとしていることを言います。

使い方

「もち肌」は、女性に対するほめ言葉ですが、どちらかというと「性的魅力がある」という意味で使われます。

白くなめらかで、うるおいがあり、つきたての餅の様にふっくらとしている、というのは、決して痩せているのではなく、適度にボリュームがあることも含むのです。

見た目で異性から見て魅力的である時に使われる言葉です。

「たまご肌」と「もち肌」の違い!

「たまご肌」と「もち肌」の違い!

「たまご肌」は、「ゆで卵をむいた様に、白くてツルンとした素肌のこと」です。

「もち肌」は、「つきたての餅の様に、なめらかでふっくらとした肌のこと」です。

まとめ

まとめ

「たまご肌」「もち肌」は、魅力の捉え方が違います。

女性はデリケートですので、ほめ言葉だとしても相手の性格を考えて使う様にしましょう。