「バルサン」と「アースレッド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バルサン」と「アースレッド」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「バルサン」「アースレッド」はほとんど同じような殺虫剤の商品を連想させる区別が難しい二つの燻煙燻蒸の殺虫剤ですが、「バルサン」「アースレッド」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「バルサン」「アースレッド」の違いについて詳細に説明していきます。

「バルサン」とは?

「バルサン」とは?

「バルサン」とは「ライオンが製造販売している燻煙・燻蒸の殺虫剤(ゴキブリ・ダニ・のみ・ハエ・蚊などを対象)」であり、「煙が出るタイプ・霧が出るタイプ・効果が強力なタイプ」に分けられています。

「バルサン」の有効面積には、「6~8畳用・12~16畳用」があります。

煙が出るタイプの「バルサン」には、「水を使用する商品」「フタでこするだけの商品」があります。

「バルサン」は効き目のある虫の種類を細分化しておらず、ゴキブリをはじめとするほぼすべての害虫に効果があるとされます。

「バルサン」の殺虫有効成分には、「d・d-T-シフェノトリン・メトキサジアゾン・フェノトリン・プロポクスル」などが含まれています。

「アースレッド」とは?

「アースレッド」とは?

「アースレッド」とは「アース製薬が製造販売しているゴキブリ・ダニなどを駆除する燻煙・燻蒸の殺虫剤」で、「煙が出るタイプ・霧が出るタイプ・効果が強力なタイプ」に分けられています。

「アースレッド」の殺虫有効成分も、「バルサン」と同じ「d・d-T-シフェノトリン・メトキサジアゾン・フェノトリン・プロポクスル」などですが、成分の比率・配合は異なります。

「バルサン」と「アースレッド」の違い!

「バルサン」と「アースレッド」の違い!

「バルサン」「アースレッド」の違いを、分かりやすく解説します。

「バルサン」「アースレッド」はいずれも、「d・d-T-シフェノトリン・メトキサジアゾン・フェノトリン・プロポクスル」などを殺虫有効成分とする燻煙・燻蒸の殺虫剤ですが、それぞれ有効成分の配合比率に微妙な違いがあります。

殺虫効果に大きな違いはありませんが、「バルサン」はライオンの製品、「アースレッド」はアース製薬の製品という違いがあり、後発の「アースレッド」のほうが「効き目のある害虫を細分化している(ゴキブリ用・イエダニ用など)」違いはあります。

また煙が出るタイプの「アースレッド」には「水を使用する商品」しかありませんが、「バルサン」には「フタをこするだけの商品」もラインナップされています。

霧が出るタイプの「バルサン」には「香るバルサン」という、燻蒸後のにおいに配慮した商品も開発されている違いを指摘できます。

殺虫効果が強力なタイプの「アースレッドプロα」「水を使用する煙が出るタイプ」ですが、「バルサンプロEX」「フタをこするだけの煙が出るタイプ」であるという違いも指摘できます。

まとめ

まとめ

「バルサン」「アースレッド」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

ゴキブリ・ダニ・のみなど駆除する燻煙・燻蒸の殺虫剤である「バルサン」「アースレッド」の違いを詳しく知りたい場合には、この記事の解説をチェックしてみてください。