「依頼者」と「依頼人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「依頼者」と「依頼人」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「依頼者」「依頼人」はほとんど同じ意味を連想させる区別が難しい二つの言葉ですが、「依頼者」「依頼人」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「依頼者」「依頼人」の意味の違いについて詳細に説明していきます。

「依頼者」とは?

「依頼者(いらいしゃ)」とは「仕事・用件・用事を頼んだ人(頼んできた人)」のことを意味していて、主に「書き言葉(文語)」「法律文書・行政文書」で使われることが多い傾向があります。

「依頼者」は一般に「クライアント」と呼ばれることもあり、弁護士(法律家)や税理士・会計士、探偵、業者などに、何らかの仕事・用件を頼む人(頼んできた人)のことを意味しているのです。

「依頼人」とは?

「依頼人(いらいにん)」とは「仕事・用件・用事を頼んだ人(頼んできた人)」のことを意味していて、主に「話し言葉(口語)」「一般的な文書・一定の関わりがあるクライアントを呼ぶ場合」で使われることが多くなっています。

「依頼人」「依頼者」と同様に「クライアント」と呼ばれることがあり、法律家・医師・税理士などの専門家や業者に何らかの仕事・用件を有償で頼んだ人(頼んできた人)を示唆しています。

「依頼者」と「依頼人」の違い!

「依頼者」「依頼人」の違いを、分かりやすく解説します。

「依頼者」の言葉も「依頼人」の言葉も、「専門家や業者に何かの仕事・用件を頼んだ人(頼んできた人)」のことを意味している点で共通していて、基本的に「依頼者」「依頼人」は同義語になります。

「依頼者」「依頼人」と比較すると、「客観的・事務的・文語的(書き言葉的)なニュアンス」が強くなっている違いはあります。

それに対して、「依頼人」は第三者がその人を紹介する時に、「こちらが依頼人になります」のほうが「こちらが依頼者になります」よりも人間関係の近しさや自然な響き(固さがない響き)を感じるように、「口語的(話し言葉的)」であるという違いを指摘できます。

また「依頼者」「これから仕事を頼む人も含んでいる(まだ対価を支払っていない人も含んでいる)」のニュアンスがあり、「依頼人」「すでに対価を支払って仕事を頼んでいる人」のニュアンスがある違いもあるでしょう。

まとめ

「依頼者」「依頼人」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「依頼者」の言葉には「客観的・文語的(書き言葉的)なニュアンス」があり、「依頼人」の言葉には「主観的・口語的(話し言葉的)なニュアンス」があるという違いがあります。

「依頼者」「依頼人」の意味の違いを詳しく知りたい場合には、この記事の内容をチェックしてみてください。