「からし」と「マスタード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「からし」と「マスタード」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「からし」「マスタード」の違いを分かりやすく説明していきます。

「からし」とは?

「からし」とは?

「からし」の意味と概要について紹介します。

意味

「からし」は、「オリエントマスタードシードという植物の種子を原材料にした、辛みのある香辛料のこと」です。

概要

「からし」「和からし」とも呼ばれ、「オリエントマスタードシード」という種子から抽出した成分を利用して作られた香辛料の事を言います。

刺激のある辛みが特徴で、「粉状」のものと「ペースト状」のものがあります。

「からし」は和食との相性が良く、おでんや納豆などの味を引き立てます。

その他にも調理の際に食材を「からし和え」にしたりなど、幅広く使われているのです。

「マスタード」とは?

「マスタード」とは?

「マスタード」の意味と概要について紹介します。

意味

「マスタード」は、「イエローマスタードシード」という植物の種子を原材料にした、辛みのある薬味のこと」です。

概要

「マスタード」は、「イエローマスタードシード」という種子から抽出した成分に、砂糖や酢などを加えて作られたものです。

「からし」よりも辛みが弱く、鮮やかな黄色をしています。

味がマイルドなので、ホットドッグなどにソース代わりにたっぷりと付けて食べられます。

「マスタード」の種類には「粒マスタード」もあり、これは「ブラックマスタードシード」「ブラウンマスタードシード」などが含まれていて、辛み成分が強くなります。

「からし」と「マスタード」の違い!

「からし」と「マスタード」の違い!

「からし」は、「オリエントマスタードシード」という種子を原料として作られた香辛料です。

「マスタード」は、「イエローマスタードシード」という種子を原料として作られた薬味です。

まとめ

まとめ

「からし」「マスタード」は、原料に違いがあります。

和食・洋食に合わせて選ぶ様にしましょう。