「転売」と「物販」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「転売」と「物販」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「転売」「物販」の違いを分かりやすく説明していきます。

「転売」とは?

「転売」の意味と概要について紹介します。

意味

「転売」「てんばい」と読み、「他で購入したものを、更に他に売り渡すこと」と言う意味です。

概要

「転売」は、他から購入したものを、値段に関わらず更に他に売り渡す行為です。

定価で購入したものを、同じ値段で販売しても、それより高い値段で販売しても、転売です。

基本的に、小売店から一般客として購入したものに対して、自分の利益を上乗せして他人に販売することが多くなります。

転売の歴史は古く江戸時代からあります。

現在でも、定価で購入できるはずのものが、高値で転売しようと買い占める人がいるお蔭で、品薄になるという社会現象が起きています。

この様な行為をする人のことを「転売ヤー」と言います。

「物販」とは?

「物販」の意味と概要について紹介します。

意味

「物販」「ぶっぱん」と読み、「世間一般に流通していないものを、卸売業者から仕入れて販売したり、自分で作ったオリジナル商品を販売すること」という意味です。

概要

「物販」は、「目に見える商品を販売するビジネス」のことです。

生活用品や雑貨など、目に見える形ある商品をネットショップや実店舗で販売することを言います。

最近ではネットショップでの物販が増えて、海外から安く仕入れた生活雑貨などを国内のショッピングサイトで販売する人が増えています。

「転売」と「物販」の違い!

「転売」は、「小売店から仕入れて他の人に販売する行為」です。

「物販」は、「メーカーや卸売業者から仕入れたり、自分で商品を作るなどして販売する行為」です。

まとめ

「転売」「物販」は、仕入れ場所が違います。

最近では自分の利益だけを考えた「転売ヤー」が増えていますので、乗せられない様に注意しましょう。