「ネットショップ」と「フリマアプリ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ネットショップ」と「フリマアプリ」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ネットショップ」「フリマアプリ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ネットショップ」とは?

「ネットショップ」とは?

「ネットショップ」とは、オンラインショップとも言いますが、インターネット上で、通信販売をしていることを言います。

例えば実際の店舗を持っていて、さらに「ネットショップ」をしている人もいますし、実際の店舗はなくインターネット上のみで販売を行っている人もいます。

「フリマアプリ」とは?

「フリマアプリ」とは?

「フリマアプリ」とは、フリーマーケットのような売買が行える、スマートフォン向けサービスのことを言います。

パソコンからも行えるのですが、手軽にスマホで売買ができるというのが「スマホアプリ」の特徴となります。

スマホのカメラで商品の撮影を行い、値付けをして、出品登録が完了といった流れになりますので、気軽に参加しやすく近年、非常に人気となっています。

「ネットショップ」と「フリマアプリ」の違い!

「ネットショップ」と「フリマアプリ」の違い!

「ネットショップ」「フリマアプリ」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも、スマホ、パソコンなどを使って商品の売買をするという点では同じです。

ですが、違いがありますので使い分けるようにしましょう。

まず「ネットショップ」は、インターネット上で通信販売のサービスを提供することを言います。

「ネットショップ」経営者の中には実際の店舗経営と並行して行っていることも多いのです。

「ネットショップ」のみ経営ということも、ありますが、基本的に仕事、商売として行っています。

一方「フリマアプリ」とはフリーマーケットのような売買ができるアプリということで、個人対個人の取引となります。

業者、仕事として「フリマアプリ」を使っている人ももちろんいますが、言葉の意味としてはフリーマーケットですから、プロでなくても、誰でも参加ができるわけです。

まとめますと「ネットショップとは、インターネット上の通信販売を提供するウェブサイト、お店」「フリマアプリとはフリーマーケットのような売買ができるサービス、スマホ向けアプリ」となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ネットショップ」「フリマアプリ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

似たような印象ですが、言葉の意味はまったく違います。

それぞれの意味を理解して使い分けるようにしてください。