「幸運」と「幸福」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「幸運」と「幸福」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「幸運」「幸福」の違いを分かりやすく説明していきます。

「幸運」とは?

「幸運」とは、運がいいという意味になる言葉です。

「この時期に幸運にも、いい物件に巡り合えた」などと使われ、「幸運を祈るしかない」とすると、運に頼るしかないといった解釈になります。

「幸運が訪れそうだ」と使った時には、運が向いてきそうだと言っており、人間の能力や技量などではどうにもならない「運」がある、ツイていることの表現になります。

「幸福」とは?

「幸福」は、幸せな状態だという意味を表します。

「幸福な老後を送っていると聞いている」のように使われる言葉で、満ち足りている状態とも解釈していいでしょう。

どのような経緯からそうなったのかは問わない表現なので、運によってそのようになったという場合も含みます。

その為、「大穴を当てたので、とても幸福だ」のような用い方でも問題ありません。

「幸運」と「幸福」の違い

「幸運」「幸福」の違いを、分かりやすく解説します。

「幸運」は、運のよさの表現になります。

よって、「これを見付けられたのは、とても幸運だった」といったような使い方が多い言葉ですが、「幸運が訪れるように~」とすると、幸せになれるように~という表現になり、「運」とは少し離れる解釈になります。

「幸福」は、幸せの表現になり、「幸福な人生」と使うと、そのまま幸せな人生という意味だと考えて構いません。

前述のように、運によってこの「幸福」となった場合にも使うことができますが、直接その「運」に言及している含みはなく、ともかく「幸せ」だと言える状態が、この「幸福」と表されます。

まとめ

「幸運」「幸福」は、このような違いになります。

何かしらの「幸運」があったことで、「幸福」になるというケースも少なくないものの、「幸福」は、決して運だけで得られるものでもなく、それほど近い意味の言葉という訳でもありません。