「利子」と「利息」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「利子」と「利息」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「利子」「利息」はほとんど同じ意味を連想させる紛らわしい二つの言葉ですが、「利子」「利息」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「利子」「利息」の違いを分かりやすく説明していきます。

「利子」とは?

「利子(りし)」とは、「お金を借りた場合に、元本に加えて一定比率で支払うべきもの・金額」を意味しています。

「利子」には、「お金を貸し借りした時に、一定比率で元本に加えて支払ったり受け取ったりする金額」という一般的な意味もあります。

「利息」とは?

「利息(りそく)」とは、「お金を貸した(金融機関に預けた)場合に、元本に加えて一定比率で受け取ることができるもの・金額」の意味を持っている言葉です。

(ゆうちょ銀行除く)銀行などの金融機関では、預けたお金につく金利のことを一般に「利息」と呼んでいます。

「利息」にも、「お金を貸借した時に、一定比率で元本に加えて支払ったり受け取ったりするもの」という一般的な意味があります。

「利子」と「利息」の違い!

「利子」「利息」の違いを、分かりやすく解説します。

「利子」「利息」「お金を貸し借りした時に、元本以外に一定の比率で支払ったり受け取ったりするもの」を意味していますが、「お金を借りた立場と貸した立場」で言葉を使い分けることもあります。

「利子」とは「お金を借りた時に、元本以上に一定の比率で支払うべき金額」を意味していて、「利息」「お金を貸したり預けたりした時に、元本に加えて一定の比率で受け取ることができる金額」を意味している違いを指摘できます。

この「お金を貸借した場合に元本に加える一定の比率」のことを「金利」といいます。

また銀行預金では預けたお金に加えてもらうことができる一定比率のお金を「利息」と呼びますが、ゆうちょ銀行では特別に「利子」の言葉を使っている違いもあります。

まとめ

「利子」「利息」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「利子」というのは、「お金を借りた場合に、元本に加えて一定比率で支払うもの」を意味しています。

「利息」という言葉は、「お金を貸した場合に、元本に加えて一定比率で受け取るもの」の意味を持っています。

「利子」「利息」の違いを調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物