「朗読」と「音読」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「朗読」と「音読」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「朗読」「音読」の違いを分かりやすく説明していきます。

「朗読」とは?

「朗読」とは、読んで聞かせることが目的で「音読」することです。

主に物語をそのように誰かに聞かせるという場合に用いられる言葉、及び行為で、子供に対して聞かせる為に親が絵本などで行うことも多いです。

「朗読会」という、大勢の人の前で何かを読んで聞かせるといった会合も行われており、そのうまさが競われることもあります。

また、有名な小説の内容をこの「朗読」しているCDといったものも発売されており、小説だと読む気にならない人に人気となっています。

「音読」とは?

「音読」は、「声に出して読む」ことの表現になります。

自分がその内容を理解するだけなら声に出す必要はありませんが、この「音読」することで、誰かにもその内容が伝わります。

ですが、「朗読」とは違い、物語とまではいかないちょっとした内容を伝える場合に、この「音読」と表現してください。

例えば、「集合場所は○○駅の東口の前で、午後1時と書いてある」と何かを読んで「音読」するという具合です。

また、勉強で遭えて声に出すことで覚えるという学習法があり、その為に誰かに聞かせる訳ではなくとも「音読」することがあります。

英語の発音の学習では、特にこれが有効だと言われています。

「朗読」と「音読」の違い

「朗読」「音読」の違いを、分かりやすく解説します。

「朗読」は、自分の為ではなく、誰かに何かを読んで聞かせることです。

「音読」は、声に出して読むことで、「朗読」も、そのうちの1つになります。

「朗読」は、何も物語を丸々1つ行うという場合だけでなく、授業中に教科書のこのセンテンスだけ読むようにと指されることがあるように、誰かに向けて読む場合には、その量や長さとは関係なく使うことができます。

まとめ

「朗読」「音読」は、このように違う言葉です。

「朗読」は、自分以外の人の為の「音読」だと覚えると分かりやすいでしょう。