「年末ジャンボ」と「ジャンボミニ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「年末ジャンボ」と「ジャンボミニ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「年末ジャンボ」「ジャンボミニ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「年末ジャンボ」とは?

「年末ジャンボ」とは?

「年末ジャンボ」とは、毎年年末に発売されるジャンボ宝くじのことです。

現在、ジャンボと呼ばれる宝くじには、2月の「バレンタインジャンボ」、5月の「ドリームジャンボ」、8月の「サマージャンボ」、10月の「ハロウィンジャンボ」、そして、この「年末ジャンボ」があります。

数字選択式のものを除いた、それらの1枚300円で発売される宝くじがこの「ジャンボ」と呼ばれており、当選額が大きいのが特徴となっています。

この「年末ジャンボ」は、その中でも一番の当選額を誇っており、2019年は1等が7億円、その前後賞でも1億5千万円と破格な金額でした。

「ジャンボミニ」とは?

「ジャンボミニ」とは?

「ジャンボミニ」とは、ジャンボ宝くじと共に発売される、その「ミニバージョン」になります。

当選数が多く設定されている反面、1等でも2000万円程度となっており、1枚の金額は同じ300円なので、一攫千金を狙うか、少し堅く攻めるかといった違いになると考えていいでしょう。

こちらも「年末ジャンボ」と一緒に発売されるものは少し当選額が大きくなっており、2019年は1等が3000万円でした。

「年末ジャンボ」と「ジャンボミニ」の違い

「年末ジャンボ」と「ジャンボミニ」の違い

「年末ジャンボ」「ジャンボミニ」の違いを、分かりやすく解説します。

「年末ジャンボ」は、当選額が高いのが特徴で、「ジャンボミニ」は、それが抑えられている代わりに当選数が増やされています。

ですが、それでも1等や2等といった上位等級が簡単に当選するという訳でもありません。

よって、どちらにしても「夢」を買うことには変わりなく、当たらなくてもそれが当然だと考えて購入する方がいいでしょう。

まとめ

まとめ

「年末ジャンボ」「ジャンボミニ」は、このような違いになります。

「年末ジャンボ」は、毎年テレビでもその購入に並ぶ人が映されるなど、ちょっとしたイベントになっていると言ってもいいかも知れません。