「冒涜」と「侮辱」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「冒涜」と「侮辱」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「冒涜」「侮辱」は同じような意味合いを想起させる区別しにくい二つの言葉ですが、「冒涜」「侮辱」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「冒涜」「侮辱」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

「冒涜」とは?

「冒涜」とは?

「冒涜(ぼうとく)」という言葉は、「神聖なもの(清浄なもの)として多くの人たちから信じられているものを犯して(否定して)けがすこと」を意味しています。

「冒涜」という表現は、主に「神聖とされる神仏(宗教)・みんなが帰属心を持つ国家」を否定したり中傷したりする時に使われるものです。

例えば、「神を冒涜する罪は重いのです」のような言葉で使用することが可能です。

「侮辱」とは?

「侮辱」とは?

「侮辱(ぶじょく)」という言葉は、「相手をあなどって(軽視して)辱めたり馬鹿にしたりすること」「相手を見下して尊厳を傷つけること」の意味を持っています。

「侮辱」には「相手の大切にしているものを辱めること」の意味合いもあります。

「侮辱」の表現は「彼に侮辱された悔しさは忘れません」の例文のように、「相手を軽く扱って辱める場合」に使うことができます。

「冒涜」と「侮辱」の違い!

「冒涜」と「侮辱」の違い!

「冒涜」「侮辱」の違いを、分かりやすく解説します。

「冒涜」「侮辱」の言葉はいずれも、「対象を否定して貶す(けなす)こと」を意味していますが、「冒涜」の対象になるのは「一般の人」ではなく「神仏・国家などの崇拝対象」であるという違いがあります。

「冒涜」というのは「神聖なもの(清浄なもの)として大勢の人たちから崇められている対象を犯して穢す(けがす)こと」に意味の重点がありますが、「侮辱」という言葉は「相手の人格を軽視して尊厳(名誉)を傷つけること」に意味の重点があるという違いを指摘することができます。

そのため、「キリスト教の神を冒涜する」という言い方のほうが、「キリスト教の神を侮辱する」よりも適切な表現として解釈できます。

反対に、「私の母を冒涜した」よりも「私の母を侮辱した」のほうが正しい表現になります。

まとめ

まとめ

「冒涜」「侮辱」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「冒涜」というのは、「神聖なものや清浄無垢なものを犯してけがすこと」を意味しています。

「侮辱」という言葉は、「相手をあなどって(軽視して)辱めること」の意味を持っています。

「冒涜」「侮辱」の意味の違いを調べたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。