「他人軸」と「自分軸」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「他人軸」と「自分軸」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「他人軸」「自分軸」の違いを分かりやすく説明していきます。

「他人軸」とは?

「他人軸」の意味と概要について紹介します。

意味

「他人軸」とは「たにんじく」と読み、「他人に対して自分はどうであるか」を基準に考えて生きていく主義という意味です。

概要

「軸」とは「活動・運動の中心となるもの」という意味があります。

「他人軸」は、「他人を基準にものごとを考えること」という意味で使われています。

現代人は常に人と比較したり競ったり、或いは「人からどう見られるか」など評価を気にすることがある為に、この様な考え方をする人も多いのです。

常に人のことを考えているので、自分が本当に思っていることを押さえて行動しなければなりません。

また、その都度人の意見に左右される為に、思考や行動に一貫性がなくなり、優柔不断になってしまうこともあるのです。

「自分軸」とは?

「自分軸」の意味と概要について紹介します。

意味

「自分軸」「じぶんじく」と読み、「他人は関係なく自分がどうありたいか」を基準に考えて生きていく主義という意味です。

概要

「自分軸」は、自分が他人からどう見られるのか、どの様な評価をされるのかなどはあまり気にしません。

それよりも「自分はどうしたいのか」「自分はどうあるべきか」ということが重要で、自分の意思決定に従って行動します。

決して「自分勝手」なのではなく、「自分の道は自分で切り開こう」と思うだけであり、だからと言って他人に迷惑をかけても良い訳ではないのです。

人間関係のストレスが少なく、毎日充実して過ごせる人が多くなります。

「他人軸」と「自分軸」の違い!

「他人軸」は、「他人と比較して自分はどうか」を基準に考えて行動することです。

「自分軸」は、「他人は関係なく自分はどうしたいか」を基準に考えて行動することです。

まとめ

「他人軸」「自分軸」は、真逆の意味の言葉です。

社会人になると「他人軸」になりがちですが、「自分軸」を大切に行動できる様になりましょう。