「ゲストハウス」と「民泊」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ゲストハウス」と「民泊」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ゲストハウス」「民泊」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ゲストハウス」とは?

「ゲストハウス」とは?

「ゲストハウス」とは、低料金で宿泊できる簡易的な宿泊施設です。

相部屋で、シャワーやトイレも共用になり、寝る為のベッド程度しか自分だけのスペースというものはありませんが、共用で使用するスペースが用意されており、短期間の滞在向けだと考えてください。

食事も自分で用意する必要があり、一切のアメニティ類の提供もありません。

その為、旅行者がその地で1泊や2泊といった利用になることが多い為、同様の目的で利用している人との交流が、この「ゲストハウス」の利用の楽しみの1つだと言われています。

「民泊」とは?

「民泊」とは?

「民泊」は、きちんとその為の登録を行っている民家に泊まることです。

無登録での有償での部屋の貸し出しは違法になってしまう為、お金をもらう場合には、必ず民泊施設としての登録が必要になります。

いわゆる「民宿」と似たシステムになりますが、食事の用意はなく、部屋やシャワー、トイレなどを貸すだけということが多いです。

誰かの家の空いている部屋を一時的に借りることになり、原則的に1泊単位での料金の支払いになります。

「ゲストハウス」と「民泊」の違い

「ゲストハウス」と「民泊」の違い

「ゲストハウス」「民泊」の違いを、分かりやすく解説します。

「ゲストハウス」は、その為に用意された施設で、完全な「素泊まり」になり、低料金で利用できるのが特徴です。

「民泊」は、誰かの家の空いている部屋を借りることになり、こちらも「素泊まり」に近い形になります。

中には、朝食の用意をしてもらえるような場合もありますが、その分料金が高くなると考えていいでしょう。

どちらも短期の滞在向けになり、「ゲストハウス」の方がその為の専用施設で、共用スペースがある分、自由度は高いと考えていいでしょう。

まとめ

まとめ

「ゲストハウス」「民泊」は、このような違いになります。

「ゲストハウス」は、日本でも一般的になってきており、何より、1泊3000円程度で利用できる点が一番のメリットです。