「タイヤ」と「車輪」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「タイヤ」と「車輪」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タイヤ」「車輪」の違いを分かりやすく説明していきます。

「タイヤ」とは?

「タイヤ」とは、「車輪」として使われる主にゴム製で、円状の構造となっているものの総称です。

自動車のそれが有名で、その材質からグリップ性能があるのが特徴となっており、主に発進時や停止時にそれが発揮されます。

これが「車輪」として取り付けられる対象によって大きさは様々で、それに合ったホイール(リム)が必要になります。

そのサイズと合ったものでないと取り付けることができず、自転車では26インチと呼ばれるサイズが主流です。

同じサイズでも、使われている材質や形状によって色々な用途に対応でき、スピードを出す為のそれや、悪路でもうまく走れる為のものなど色々なタイプが存在します。

「車輪」とは?

「車輪」とは、これが取り付けられている物体をスムーズに動かす為のものです。

先の自動車におけるタイヤがそのいい例になり、箱型の物体にこれが付くことで、「車」という名称になり、「台車」もそのうちの1つです。

材質は様々で、用途や利便性を考えた色々なものが存在します。

電車では鋼鉄製のそれが使われていますが、何トンもある重い車両を支えるのには、そのような材質でないと耐え切れない為だと考えていいでしょう。

ただし、材質的に先の「タイヤ」のようなグリップ性能がない為、急発進や急停止ができないという点があり、自動車のそれには向いていません。

「タイヤ」と「車輪」の違い

「タイヤ」「車輪」の違いを、分かりやすく解説します。

「タイヤ」は、「車輪」の1つという関係になります。

正確には、「車輪」として使われる存在で、材質や形状が前述の通りのものを指して使う言葉です。

その部分だけ交換が可能なので、ゴムのような磨耗性が高いものでも問題なく、鉄などで作られたものよりグリップに優れているという利点があります。

まとめ

「タイヤ」「車輪」は、このような関係になります。

「車輪」が2つだと「二輪車」、3つだと「三輪車」のように呼ばれ、一般的な自動車は「四輪車」となります。