「チョコレート」と「ショコラ」 の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チョコレート」と「ショコラ」 の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チョコレート」「ショコラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「チョコレート」とは?

「チョコレート」の意味と概要について紹介します。

意味

「チョコレート」は、「カカオ豆を原料にして作った甘いお菓子のこと」という意味です。

概要

「チョコレート」は、英語の“chocolate”が日本語化した言葉です。

カカオの豆を発酵・焙煎させて細かく砕いたものを「カカオマス」と言い、これに砂糖やカカオバター、ミルクなどを混ぜて固めたスィーツのことを言います。

「チョコレート」は、形はもちろん、味も「ビター(ブラック)・ミルク・ホワイト」などの種類がありますが、これは砂糖やミルクの分量により決まります。

一般的には板状のものや、チョコレート単体として作られているもののことを言い、英語では「ココア」のことも「チョコレート」と言います。

「ショコラ」とは?

「ショコラ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ショコラ」は、「フランス語でチョコレートやココアのこと」という意味です。

概要

「ショコラ」は、フランス語で「チョコレート」を表す言葉です。

英語とフランス語ではほとんど綴りが同じで、発音が違っているのです。

「ショコラ」は基本的には「チョコレート」と同じ意味ですが、「チョコレート」として単品で食べるものから、「チョコレート」を使って作ったスィーツのことも表します。

「チョコレート」と「ショコラ」の違い!

「チョコレート」「ショコラ」は、基本的には同じ意味です。

但し、スィーツというカテゴリで考えると、「チョコレート」「固形のお菓子」「ショコラ」「チョコレートを使った様々なスィーツ」という意味で使われることもあります。

まとめ

「チョコレート」「ショコラ」は、基本的に同じ意味ですが、スィーツとして分類されることもあります。

あまり厳密に使い分けを気にする必要はありません。