スポンサーリンク

「ファンデーション」と「コンシーラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ファンデーション」と「コンシーラー」の違い衣装・ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ファンデーション」「コンシーラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ファンデーション」とは?

「ファンデーション」とは?

「ファンデーション」とは、主に女性が使用する化粧品の1つで、しみや毛穴などを隠す目的、または顔色の均一の為に顔全体に塗るものです。

大きく分けるとケーキ(パウダー)タイプとリキッドタイプという二種類があり、前者は粉をばれん状のパフと呼ばれるものに付けて塗ります。

後者は筆を使うタイプで、絵の具やペンキのようなイメージになり、細かい塗り方に向いているという特徴があります。

また、近年ではクリームタイプと呼ばれるものも増えてきており、軟膏のように指で直接顔に塗るタイプとなっています。

「コンシーラー」とは?

「コンシーラー」とは?

「コンシーラー」も、「ファンデーション」と同じく、顔に塗る為の化粧品になります。

こちらは「ファンデーション」では隠し切れない部分に対して使われるもので、目の下のくまや目立つあざなどを効果的にカバーすることができます。

「ファンデーション」の後に使う場合が多く、隠し切れていない部分に上塗りする形になります。

口紅のようなスティック状、またはマジックペンのような形状になっており、リキッドタイプの「ファンデーション」より細かく塗ることができます。

「ファンデーション」と「コンシーラー」の違い

「ファンデーション」と「コンシーラー」の違い

「ファンデーション」「コンシーラー」の違いを、分かりやすく解説します。

「ファンデーション」は、それほど強い色のものは少なく、顔全体の色を均一にする為に使われます。

「コンシーラー」には、その下地の色が分からなくなるほど色としての厚みがあり、「ファンデーション」だけでは隠し切れていない部分にとても効果的です。

色はほとんど同じだったとしても、「コンシーラー」の下が透けるようなことはあまりなく、「ファンデーション」で全体の色を整え、細かい修正はその後に「コンシーラー」で行うとイメージすると分かりやすいでしょう。

まとめ

まとめ

「ファンデーション」「コンシーラー」は、このように違います。

「コンシーラー」は、気になる部分部分に使う為の化粧品で、顔全体の塗るものではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
衣装・ファッション
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物